『CAPA』2011年09月号

CAPA (キャパ) 2011年 09月号 [雑誌]CAPA (キャパ) 2011年 09月号 [雑誌]
(2011/08/20)
不明

商品詳細を見る


『CAPA』2011年09月号


表紙&裏表紙岡本玲チャン。ワタシは結構好きです。
ただ、表紙の下の方に大きく「やっぱり一眼レフが好き!」とあるのに持っているカメラがミラーレスのパナソニック GF3 というのはちょっと残念(笑)。


で、巻頭特集「やっぱり一眼レフが好き!」
ミラーレスが台頭する中、一眼レフの良さを紹介する企画。
前半はプロ7人による作例と解説。
後半は “一眼レフを選ぶ5つの理由” を解説。
さらに “高性能「AF・連写・ファインダー」が中上位機の条件” として作例と解説。
ただ、批判的に読み進めると5つの理由は本当にそうか?とツッコミを入れたくなる。ミラーレス機と低価格一眼レフを比べると、ミラーレス機に優れた部分が多いように思う。用途によって得手不得手や便利さが変わってくるはずだ。


続いて「3つの撮影力で選ぶ No.1 ミラーレス決定戦!」
一眼レフの次はミラーレスかよ! とツッコミたくなるが、こちらは一眼レフに対するミラーレス機の優位性という企画ではなく、オリンパス PEN E-P3パナソニック LUMIX G3ソニーα NEX-C3 の3機種を比較。


馬場信幸の「シンク・アウト」。今回は「標準ズームの新提案」
大三元(16-35mm、24-70mm、70-200mm)+85mmF1.4、100mmマクロの5本の代わりとして、16-35mm、70-200mmのほかに1/4倍までのマクロ機能がありボケ描写にこだわった 40-80mm F2.8 を開発してはどうかというアイデア。広角ズームの望遠端と標準ズームの広角端に空きができる部分は広角ズームで撮影してトリミングすればよいという考え。また、常時カメラに装着するのは広角ズームにするという考えだ。
ワタシはこの考えには否定的。人間の眼は景色全体を広く見たり、あるいは一輪の花を注視したりする。それは広角ズームよりも標準ズームのほうが感覚的に合っていると思う。
また、トリミングOKという考えなら、いっそ前玉77mmぐらいの85mm F2 マクロレンズを求めるほうが実現しそうな気がする。つまり、35mmから85mmあたりまでの焦点距離は広角ズームでトリミングあるいは足で稼ぐという考え(笑)。50mmF2マクロも考えたが、ポートレートや花のマクロを考えると85mmF2マクロのほうが実用的に思える。
シグマあたりなら考えてくれそうな気もしないでもないけれど、マクロ 70mm F2.8 EX DGマクロ105mm F2.8 EX DG OS HSM がラインナップしているので、厳しいかな?(笑)。


特集「スポーツ写真の “美”」
トビラはなでしこジャパン主将の澤穂希選手。
前半はプロ写真家の作例と解説。
● スピードスケート(菅原正治
● 陸上競技(築田純
● テニス(真野博正
● オートレース(水谷たかひと
● 新体操(田中宣明
● 自転車・ラグビー(萩原利一
● ゴルフ・レスリング・柔道(YUTAKA
それぞれ力作揃い。ワタシ的にはローアングルから撮ったテニスの写真が新鮮に感じた。
後半はスポーツ写真の撮影術。
シャッタースピード、ピント合わせ、ポジショニングなどを解説。実用的な内容。


新企画「ポートレートの現場」。今回は木村文乃 x HARUKI。
作品のメイキング解説つき。
扉ページはクリップオンストロボにリングライト状に拡散するアダプターを装着して撮影とのこと。


「実売価格3万円以下の超安レンズで 超得気分のレンズ交換!!」
標準・中望遠の格安単焦点7本、標準・望遠ズーム6本、マクロ3本。こういう企画はスキ。


「今年の秋は黄金の棚田を撮ろう!!」
プロの作例のほか、「全国棚田オススメ10」もあり。ワタシの地元・三重県も紹介されている(地元と言ってもウチからはかなり遠い。笑)。
ワタシはスルーだけれど風景好きの方はご参考に。


「原寸モノ図鑑 ペンタックス 645D japan」
古くはLXのトカゲ革貼りゴールドモデルからペンタックスはこの手のものが好きだったけれど、今回の 645D japan は写真で見る限りシックでイイ感じ。でも使うと漆が剥げそうだから、実際に使う人はいるのかなぁ? 金持ちの方は保存用と実写用の2台を注文したりして(笑)。


「西平英生の交換レンズ完全ガイド シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM」
すでに購入したとはいえワタシ的には大注目なのだけれど、解説は平凡な内容。作例は高校野球の県予選のものだが、正直なところ、かなりイマイチ。そこそこの価格の望遠ズームでも同じような写真が撮れそうだ。観客席からの撮影なので距離はあるだろうが、このレンズにテレコンを装着して撮影すべき。あるいは50-500mmとか150-500mmあたりのレンズのほうがいい写真が撮れたのではないかという感じ。
いちおう、西平氏の評価は★4つ判。


「同 シグマ 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM」
こちらはファーストインプレッションなので多くは期待できないのだが、やっぱり内容はイマイチ。旧型より光学性能がアップしているとしているが、具体性に欠ける。どこがどうよくなったのか?旧型を持っていても買い換える価値があるのか、それほどでもないのか? そのあたりが伝わってこない。ガッカリ。


「デジタル一眼の撮る楽しさをコンパクトにギュッと凝縮! ペンタックスQ」
カラー7ページ。内容は過去のエントリーをご参照クダサイ。

過去のエントリー:カメラ雑誌2011年9月号で「ペンタックスQ」の評価は?


「New's News リコー GXR マウント A12」
モノクロ1ページ。内容は過去のエントリーをご参照クダサイ。

過去のエントリー:カメラ雑誌2011年9月号で「リコー GXR MOUNT A12」の評価は?


「EF8-15mmF4L Fishey USM Special Report」
これも内容は過去のエントリーをご参照クダサイ。作例はかなりよいデス。

過去のエントリー:カメラ雑誌2011年9月号で「キヤノン EF8-15mmF4L フィッシュアイ USM」の評価は?



『CAPA』2011年9月号はこんなところで。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : CAPA


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ