名古屋 SONY STORE で NEX-7 を触ってきました! 



スティーブ・ジョブズへの献花のために、わざわざ名古屋へ行ったのだけれど、さすがにそれだけではもったいないので、近くのソニーストアで新製品・NEX-7(先行展示品・発売は11月)を触ってきた。

正直なところ、かつてNEX-5 が発表されたとき、ワタシ的には(小型)スペック志向のバランスの悪いカメラ、というイメージがあり、あまり印象が良くなかったのだけれど、今回、NEX-7 に触ってビックリ! メチャクチャいい感じのカメラに感じた。

まず、持った感じ。異様に軽くもなく、重くもなく、適度な重量感
そして、シボ加工されたラバーのグリップ。これがまた滑らずフィットして素晴らしい感触(強いて言えば、レンズマウントとの隙間を5mm程度さらに拡げて欲しいところではあるが)。
また、このモデルの売りであるトライダイヤルナビの2つのダイヤルの質感、操作感もグッド! 安っぽさがない。
上下方向にしか動かない液晶ファインダーは機能的には不満があるけれど、特に出っ張っているわけでもないので、上下動がオマケと考えれば十分納得できる。というか、ボティとの一体感があるのに上下動できることがビックリだ。
EVFもボディ隅に用意されていて、前から見るとボディデザインを全く崩していないところがエレガント。
さらにストロボも内蔵されていながら、そのように見えないデザインはアッパレ。外部ストロボを装着しなければならない NEX-C3とかNEX-5Nよりも、素晴らしいデザインだと思う。
今回触った展示カメラには標準ズームが装着されていたが、カメラが適度なコンパクトさだったのでバランスが良かった。レンズヘビーになりがちなNEX-C3とかNEX-5Nよりも、ワタシ的にはNEX-7に非常に惹かれてしまった。

このカメラには、2,430万画素とか、秒10コマの連写性能を始め、様々な優れたスペックがあるのだけれど、それを無視しても欲しくなるだけのフィーリングを感じる。
ライカM9 はライカをデジタル化しただけのカメラのように感じるが、このカメラにはコンタックスの距離計連動カメラを21世紀風に再設計したような、緻密さや質感を感じてしまった(ボディに関してコンタックスとは何の関係もないのだろうけれど)。
敢えて言うなら、ブラックペイントも高級感があっていいのだが、若い世代に受ける高級感ある処理(マグネシウム合金むき出しとか、カーボンファイバー処理とか。・・・これが若い世代にウケるかどうかわからないが)のモデルがあると、さらにいいような気がする。

そんなワケで、このカメラにはズームレンズよりも描写優先のカールツァイス単焦点レンズが似合いそうな気がする。
マウントアダプター経由でAマウントのミノルタレンズやカールツァイスレンズも使えるけれど、新開発の高画質レンズが早く充実することを期待したい。

とはいえ、べた褒めしたのだけれど、たぶん買わない(買えない)だろうと思うので、説得力なくてゴメンナサイ(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : ソニー NEX-7


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ