『スティーブ・ジョブズ 100人の証言』(AERA MOOK)

スティーブ・ジョブズ 100人の証言 (AERA Mook)スティーブ・ジョブズ 100人の証言 (AERA Mook)
(2011/11/01)
不明

商品詳細を見る


『スティーブ・ジョブズ 100人の証言』(A4版/AERA MOOK)。

またまたジョブズ追悼本を買ってしまった(笑)。ジョブズ本ばかり紹介してスミマセン(笑)。
巻頭グラビアで飛行機の中でくつろぐ姿や、自宅仕事場の姿、妻ローリーンとのツーショットなど、他にはない写真が多数あったのが購入の決め手。


メインは100名の著名、関係者などによる追悼文や思い出話
著名人やクリエイター、の追悼文は美辞麗句で飾られた紋切り型が多くてあまり面白くなく、読み飛ばしたくなるものも多いのだが、関係者による思い出話には興味深いものが多い。

『Mac Fan』や『MacPeople』の追悼版がスティーブの死去後すぐに出版されたのに対し、こちらはやや遅れているので、アップルの追悼式についてのコメントも含まれている。

最も印象的だったのは曽我弘氏(ビジョン・ブースター LLC CEO)の回顧。DVDオーサリングソフト会社をアップルに売却するに際し、曽我氏の会社はキャッシュ不足、訴訟問題を抱えるなど、マイナス要素が多分にあった。しかも同社のソフトは MacOS では動かなかった。にもかかわらず、スティーブ・ジョブズは「ソフトを制作したエンジニアは全員残っているか」、「知的財産権とソースコードは全部自社のものか」の2点のみを問い、それ以外の要素を査定せず、駆け引きをしなかったとのこと。社員全員を引き取り、「技術の良さはわかっている。Mac用のソフトがなければ、つくり直せばいいじゃないか」。

もう1つはブライアン・ラム氏(ギズモード元編集長 ITライター)の回顧。2010年、ギズモードが発表前の iPhone 4 試作機を手に入れ、記事をネットに発表したとき、スティーブが直接ブライアンに電話をしてきたときのやりとりが書かれていて興味深い。

さらにもう1つ。スティーブン・ウルフラム氏(マセマティカ開発者)の回顧。スティーブがNeXT時代、数日前に知り合ったローリーン(のちの妻)との翌日のデートのためにそわそわしていたという(笑)。スティーブのちょっと意外な一面が見えて面白い。


「ジョブズ伝説 天才? 変人? 彼を理解するためのトリビア」では12のトピックを取り上げているが、面白かったのは2010年、京都へプライベートジェットでお忍び家族旅行をした帰り、お土産に買った手裏剣を機内に持ち込もうとして保安検査場でとがめられ、「自分の飛行機にテロをする馬鹿がどこにいる」と逆ギレしたとのエピソード。


「肖像 スティーブ・ジョブズ」では次の区切りで彼の人生を振り返っている。
・1955-1976 幼少から創業まで
・1976-1985 “リンゴ” 誕生から追放
・1985-1996 次の一手、そして復帰
・1996-2011 栄光と病


「カリスマ その思想と素顔」では「Family」「Partners」「Zen」「Rock」というくくりでジョブズの生き様を分析している。


「世界を変えたアップル製品」では彼が世に出したアップル製品も紹介している。大きな写真を取り上げているのが Apple I Macintosh (128K)iMacPowerMac G4 Cube。小さく取り上げているのが Apple II LisaPowerBook 100Macintosh Quadra 700Power Macintosh G4iBook SE (Special Edition)
Apple I はむき出しのテレビが載せられて木箱で覆われていて、この写真を見るのは初めて。
Macintosh (128K) はキーボードがなく、電源も入っておらず、ちょっと寂しい写真。スティーブがこだわったデザインの良さが伝わらない写真で残念だ。
ボンダイブルーの iMac の写真はアップルが広告用に撮影したものだが、A4で1ページを飾るには解像度が不足している。アップルに問い合わせれば画像を入手できただろうに、ちょっと手抜きを感じてしまった。
そんなわけで、この章は「やっつけ」感をぬぐえず、残念。


巻末では漫画家すがやみつる氏が1984年に『別冊コロコロコミック』に掲載した「最高のゲーム「アップル II」」「アップル II ストーリー」を縮小版でそのまま掲載している。
アップル II は今でこそ伝説の名機という存在だが、当時もやはりあこがれの存在だったことがわかる漫画。後半は二人のスティーブがアップル II を開発するまでのストーリーをわかりやすく描いている。ちなみにここではスティーブ・ジョブズよりもスティーブ・ウォズニアックをカッコイイ少年に描いている(笑)。



一部ちょっとけなしてしまったけれど、ジョブズファンなら買っておくべき1冊。


スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ

tag : スティーブ・ジョブズ アップル


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ