「パナソニック、ハイアマチュア向けマイクロフォーサーズ機「LUMIX DMC-GX1」」について



ようやくパナソニック LUMIX GX1 が国内発表された(発売は11月25日)。

すでに11月7日には海外で発表されていたが、英語が不得意なワタシとしては、国内発表を待ちわびていた次第(最近、海外での先行発表が多くてイライラすること多し。笑)。

パナソニックのリリース:高品位ボディに高画質・高性能を凝縮 デジタル一眼カメラ LUMIX DMC-GX1を発売

同社 GX1のページ:DMC-GX1|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic

デジカメWatchの記事:パナソニック、ハイアマチュア向けマイクロフォーサーズ機「LUMIX DMC-GX1」

GX1 は GH2 とG3 の中間クラスの位置づけとして、ハイアマチュアの日常撮りユースをイメージしているようだ。
GF3、G3 の丸みを帯びたデザインは若い女性・ママさんをターゲットにしているように思えるが、GX1、GH2 は男性好みの渋めのデザインでターゲットを分けたように思える。カラーは GH2 と同じくブラック、シルバーの2色のみ。今回発表された GX1 は “プレミアム・コンパクト” としていて、細部のディテールにもこだわっているようだ。ワタシ的には好みのデザイン。早く実機を見てみたい。

上記サイトを見た限りでは、GH2 からEVF とフリーアングル液晶を省略し、性能も GH2 と同等以上にしているという感じ。
サイズはGF3よりは大きく、GF1 と GF2 の間ぐらいのようだ(横幅・高さ・厚み:116.3・67.8・39.4mm、ボディのみの重量:272g)。

一番特筆すべきはオプションのライブ・ビューファインダー「DMW-LVF2」か。 約20.2万ドット・倍率0.52倍(35mm判換算)の従来製品「DMW-LVF1」に対し、約144万ドット・倍率約0.7倍(35mm判換算)とスペックアップしているので、GF1・GF2 ユーザーが買い換えに動くかも。

ただ、すでに GH2 を所有しているワタシとしては、GH2 に比べて突出した新機能がない GX1 を敢えて欲しいとは思わない。画質や性能にこだわるならキヤノンのEOS を使うし、荷物をコンパクトにしたい場合は GH2、ふだん使いならコンパクトデジカメの パナソニック TZ7 を使っていて、買うお金があるかどうかは別にしても(笑)、GX1 が割って入る余地がない。GH2 のサブカメラとして考えられなくもないけれど、別に持っている GH1 を GH2 と一緒に連れ出したこと自体が一度もなく、サブカメラとしての出番もなさそうだ。

なお、デジカメWatchの記事では、本体の店頭予想価格は75,000円前後としているが、EVF やフリーアングル液晶がない分 GH2 よりもかなり安くしていいようなものだが、少々高めの設定のように思える。まぁ、値段が気になるユーザーは GF3 を買うだろうという判断か。ターゲットユーザーがどう反応するか興味津々。


そんなワケで、パナソニックユーザーのワタシとしては GX1には注目しつつも、買うことはないだろう。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : パナソニック LUMIX GX1


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ