「損失隠し発表 オリンパスの運命は」について


オリンパスが不当に高額で企業買収した問題のその後については11月8日のテレビ東京『ワールド・ビジネス・サテライト』でもトップニュースで扱われた。


1990年代ころから有価証券投資等にかかる損失計上の先送りをしており、過去の買収案件を損失計上先送りによる含み損解消などに利用していたという。
10月27日の会見では、買収自体は適正な処理をしているものの元社長のマイケル・ウッドフォード氏を解任した件で世間を騒がせることになった責任を取って菊川元社長が辞任した、という内容だったがそうではなかったということだ。

10月27日の会見では損失計上の先送りに関わっていた森副社長も同席しており、率先して事実を隠していたことになるとのこと。

オリンパスは森副社長を解任したほか、菊川元社長・森副社長らの刑事告発も検討しているという。

専門家は、「会社の財政を偽ったのだから、粉飾の最たるもので、しかも長期にわたって大掛かりに行なわれていた。有価証券報告書の虚偽記載、会社法上の特別背任が問題になる可能性は高い。懲役10年とかそういうレベルの重い犯罪だ」とコメントしている。

オリンパスの8日の株価はストップ安で、3週間前の1/3以下になった。今後は株主からの訴訟のほか、上場廃止に追い込まれる可能性もあるとのこと。
 

元社長のマイケル・ウッドフォード氏はテレビ東京のインタビューで「これは菊川氏やその前の下山氏から脈々と受け継がれてきた “黒い秘密” だ。不透明なことが多すぎるので、オリンパスの取締役は一新すべきだ」と述べている。

なお、同じ放送の中で、下山元社長は取材に対して「(損失計上の先送りについては)全く知らなかった」と述べている。

オリンパス株を約5%保有するサウスイースタン・アセットマネジメントは臨時株主総会の開催を求めているほか、証券取引等監視委員会はオリンパスを有価証券報告書の虚偽記載の疑いで本格調査の方針とのこと。
 



さて、ワタシの勝手な想像だが、マイケル・ウッドフォード氏を解任に追いやった取締役会は一連の事実を認識していたのではないか。そうでなければ問題の発端となった不当に高額な買収について取締役の誰かからチェックが入ってしかるべきであるからだ。逆に問題を指摘したウッドフォード氏を解任しているわけだから、クサイ。たった3人のクビで済まないような気がする。
想像するに、本件が明るみに出た時点でオリンパスの会社自体が大危機になるわけだから、事実公表よりもウッドフォード氏の解任をとらざるをえなかったのではないか? 最初に損失の先送りをしてしまって以降は、会社を守るためにひたすら粉飾決算の申し送りをするしかなかったのだろう。

“黒い秘密” はいずれ明らかになるだろうが、今後オリンパスが存続しなくなるなんてことがあるのだろうか? そんなことにでもなると、現在のオリンパスカメラの未来は断たれてしまうし、内視鏡に至ってはトップシェアを取っているために医療業界に大きなインパクトを与えるのではないか? もちろん、オリンパスの社員が路頭に迷うなんてことも。

ーーーと考えていたのだが、ネットであちこち見てみると、もっと深く広い裏があるとのコメントがあり、それが本当のことならちょっと恐ろしい(ここでは書かないけど)。

とりあえずは、“黒い秘密” の解明を待ちたい。


関連記事:
CNET JAPAN の記事:オリンパス高山社長、損失隠し問題で謝罪も詳細不明--関与した副社長を解職
デジカメWatchの記事:オリンパス、一連の買収金額について「損失計上を先送りしていた」
zakzakの記事:オリンパス“粉飾”の真相…実力者の財務掌握が“悪夢”の始まり

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : オリンパス


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ