EOS-1D/1Ds Mark III ファームウェアアップデート

EOS-1D/1Ds Mark III ファームウェアアップデート



DATE: 05/12/2008 02:43:13(他ブログからの引っ越しです)

このブログでファームウェアのことを書くのは初めてだと思うが、画期的なアップデートだったので書きたいと思う。

EOS-1D Mark IIIのほうのバージョンはVersion 1.2.3。

EOS-1Ds Mark IIIのほうのバージョンはVersion 1.1.2。

アップデートの内容は次の通り(EOS-1D Mark IIIのダウンロード用HPより)。

「1.お客様から要望が多くあった以下の新機能を追加しました。

a.マルチコントローラーによるAFフレームのダイレクト選択[C.Fn III-9 に追加]

b.〈露出補正/手動絞り数値設定〉ボタンと、〈AFフレーム選択〉ボタンあるいは〈ISO感度設定〉ボタンの機能入れ替え[C.Fn IV-3 に追加]

c.メニューの外部ストロボ制御のストロボ機能設定で、〈ワイヤレス設定〉、〈ズーム〉の設定を行える

(EOS-1Ds Mark IIIは1.c.をもともと組み込み済み)

2.極端な低コントラストの被写体におけるAIサーボAFのAF精度の安定性を向上しました。」

私にとって画期的だったのは、もちろん1.a.の「マルチコントローラーによるAFフレームのダイレクト選択」。というか、マルチコントローラーを新たに搭載しておきながら、これでAFフレームのダイレクト選択機能がなかったことの方がおかしい。

私は「9点:外側ダイレクト」に設定。マルチコントローラーを使えば、一発で希望のAFフレームを選択できるようになった。

ただ、上下左右と中央はほぼ間違いなく選択できるが、斜めは上手く選択できないことがあり、マルチコントローラーの押し方には慣れが必要のようだ(ちなみにこの設定でも従来通りサブ電子ダイヤルでAFフレームを選択することが可能)。

それともう一つ。マルチコントローラーの操作はカメラが横位置でいじる分には全く問題ないが、縦位置の場合は親指の位置から遠くに離れてしまう。縦位置レリーズやその他の縦位置用ボタンを装備していながら縦位置用マルチコントローラーがないのは残念。これは液晶モニタが上下にしか動かないソニーα350と同じ。写真は横位置だけでなく縦位置もあるということを開発陣にはよく理解してほしいと思う。特に私の場合、バレーボールの撮影ではほとんどが縦位置撮影なので。

液晶モニタの話題が出たので、このことについてもコメントすると、キヤノンのデジタル一眼レフにもオリンパスE-3のようなフリーアングル液晶モニタを搭載してほしいと思う。これがあれば、撮影アングルにかなり自由度ができる。とりわけローアングルでの撮影で実用的となる。エッチな撮影をしたいわけではなく(笑)、ローアングルならスポーツやポートレートでダイナミックな映像が期待できる。

1D系で採用してほしいのはやまやまだが、とりあえず中級機クラスでもいいので採用してほしい。でもやっぱりレンズを揃え直すことも考えると1D系で採用してほしいなぁ(笑)。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : EOS-1D


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ