『スティーブ・ジョブズ I ・II 』(ウォルター・アイザックソン/井口耕二訳/講談社)


『スティーブ・ジョブズ I ・II 』(ウォルター・アイザックソン/井口耕二訳/講談社)
発売初日には手に入れられなかったが、BOOK OFF でなく(笑)、最寄りの書店で購入。ようやく I ・II 巻の全部を読み終えた。

ジョブズ本はたくさん出ていて、またパソコン雑誌でもジョブズのヒストリー特集をしていたりするので、本書で書かれている内容の多くはすでに知っていたことも多い。ただ、本書は「自身が語り尽くした公式伝記」というだけあって、プライベートに関する部分は初めて読む内容が多かった。

I 巻はスティーブ誕生の頃から少年時代、アップル起業、アップルからの追放、ネクスト設立、ピクサー設立と『トイ・ストーリー』の大ヒットまで。
II 巻はアップルへの復帰から社内改革、iMac の発売、アップルストア、iPod、iTunes Store、iPhone、iPad、そしてアップルCEOを退くところまで。

I 巻のほうはスティーブの傍若無人なところが災いするところが随所に見られ、人によってはあまり好まれないかもしれないが、ワタシ的にはスティーブの(かなり特殊な)人間性が表現されていて面白いと思った。

II 巻のほうはアップルに復帰してからの驚異的な業績回復、iMac、iPod、iPhone、iPad などの画期的な製品の開発秘話が語られているが、スティーブが製品の細部にこだわる完璧主義は相変わらずだ。それがハード・ソフト・サービス・ストアといった垂直統合、つまり全てを自分がコントロールしてしまう。
iTunes(Music)Store 立ち上げのために音楽会社との粘り強い交渉を続けて上手くまとめたところはスティーブの才能と情熱だろう。
製品もスタッフも彼に取っては “卓越したもの” か “カス” のどちらかしかなく、後者は徹底的に排除されていくけれど、スティーブ自身が身をもって製品開発や業界との交渉に強力に関わって成功してきたところが他の起業との違いだとわかる。
プライベートな部分についてはがんの発症以来、死を考えるようになり、闘病生活についても記されている。後半になるにつけ、少し涙ぐんでしまった。


I 巻が445ページ、II 巻が 430ページもあり、読むのはしんどいけれど、アップルファン、スティーブ・ジョブズファンの方は買うべき2冊。というより、そういう方はすでに購入済みでございましょう(笑)。


>関連エントリー:『スティーブ・ジョブズ』手に入らず・・・(泣)。


スティーブ・ジョブズ Iスティーブ・ジョブズ I
(2011/10/25)
ウォルター・アイザックソン

商品詳細を見る

スティーブ・ジョブズ IIスティーブ・ジョブズ II
(2011/11/02)
ウォルター・アイザックソン

商品詳細を見る

Steve JobsSteve Jobs
(2011/10/24)
Walter Isaacson

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ

tag : スティーブ・ジョブズ アップル


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ