『おんなの撮り方』(渡辺達生/ワニの本)



『おんなの撮り方』(渡辺達生/ワニの本/800円)。

昭和56年48版発行とあるから、ワタシが高校1年生の時に購入した1冊。それにしても48版ということは、相当売れたということですなぁ(笑)。

著者は当時、雑誌『GORO』のグラビアを担当していた渡辺達生氏。
70項目の撮影ノウハウは一般的な写真技術書に書かれているものではなく、渡辺氏が自身の経験から編み出したテクニックというもので、非常に実践的。例えば、
・35mmはムダな風景を入れるな
・女の撮り方にベスト・アングルはない
・できるだけメイクアップをとってしまえ
・輝く肌にアクセサリーは不要だ
・ホンモノの汗が抜群の臨場感をだす
・指先にだって色気はある
・太陽は沈むまで使え
などなど。

紹介されている撮影機材は「すべて、ごくふつうの35mmカメラをごくふつうに使って撮ったものばかりだ」としている。ロケ用機材はニコンF2フォトミック+モータードライブを2台と300mmF4.5、180mmF2.8をはじめ、24mmF2.8、35mmF2、マイクロ55mmF3.5、105mmF2.5、レフレックス500mmF8 と当時高校生のワタシが揃えるにはハードルが少し高かったけれど、現在ワタシが所有している機材に比べれば、質素と言えなくもない内容(むしろワタシの機材が高級機材で肥大していると言えなくもないが。笑)。

作例写真は水着やヌード。ハワイ、グァム、サイパン、沖縄で撮影されており、白い砂、透き通る海、青い空が水着やヌードの必然的理由となっている。300mmとかの望遠レンズで背景をぼかすという手法は当時ハヤリだったように思う。また、当時はその手の撮影ではモデルが肌を焼くというのが当たり前で、紫外線対策をする現在とは正反対(笑)。本書に掲載されている大場久美子の写真では、ワンピース水着の後がクッキリ残るビキニ姿にはちょっとそそられる(笑)。

ちなみに本書に掲載されているモデルはほかに、浅野ゆう子荒木由美子相本久美子浅野温子香坂みゆき中島はるみ、などなど。

高校生のワタシにとって、水着以外にヌード写真も掲載されているのが購入同機としては大きかったと思うが(爆)、今読んでも十分勉強になる一冊。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ