『Discover Japan』2011年12月号「いい店、うまい店で上機嫌! ホロ酔い入門。」

Discover Japan (ディスカバー・ジャパン) 2011年 12月号 [雑誌]Discover Japan (ディスカバー・ジャパン) 2011年 12月号 [雑誌]
(2011/11/05)
不明

商品詳細を見る


『Discover Japan』2011年12月号は丸ごと一冊、サケ特集。


一番面白かったのが「5分でわかる 酒場でツウになれる方法」
1983年に一世を風靡した『見栄講座 ―ミーハーのための戦略と展開―』(ホイチョイ・プロダクションズ)を彷彿する内容(笑)。まぁ、『見栄講座』ほど笑える内容ではないけれど。

見栄講座―ミーハーのための その戦略と展開見栄講座―ミーハーのための その戦略と展開
(1983/11)
ホイチョイ・プロダクション

商品詳細を見る

内容は・・・
● くどき上手の酒飲み術
● スマートに楽しむ国産ワイン
● ツウが頼むのは「前割り」です
● クラフトビアパブではじっくり飲むべし
それぞれで男女の会話があり、会話の中の言葉に解説がついている。
解説にはごく初歩的な基礎知識から会話で使える小ネタまでいろいろ。小ネタとしては変わった日本酒の銘柄として『成金娘』(兵庫県)、『年増美人』(広島県)、『快感』(静岡県)、『サッカー正宗』(埼玉県)などを挙げていたり、日本酒を知っていると思わせるツウぶれる表現を紹介している。
真面目なところでは、ワインのホストテイスティングの仕方とか、日本酒のお燗の仕方なども紹介。
興味深かったのが日本酒を飲む酒器の形で味が変わるということ。厚みや口径、高さで味が変わることを解説していて目からウロコ。


「特別寄稿 震災に負けない東北の酒蔵」
ここでは震災で被災しながらも復興に努力している5つの酒蔵を紹介。
● 『日高見』(宮城県石巻市・平孝酒造)
● 『磐城壽』(福島県浪江市・鈴木酒造店)
● 『伯楽星』(宮城県大崎市・新澤醸造店)
● 『会津娘』(福島県会津若松市・高橋庄作酒造店)
● 『乾坤一』(宮城県村田町・大沼酒造店)
また、義援付き日本酒の紹介もしている。


「本当に行きたいのは安くて美味い店 千円札二枚でハッピー酒場」
画一的なチェーン店でない小規模な大衆酒場を紹介。東京のお店だけなのが残念だけれど、上京の際は行ってみたいデス。


「この秋飲みたいニッポンの酒」
日本酒、国産ワイン、焼酎、クラフトビールを紹介。
わが三重県の日本酒はこの特集では紹介されていなかったけれど、クラフトビールで『スタウト』(伊勢角屋麦酒)が紹介されている。もともとは味噌やたまり醤油を作っていたところが製造。飲んだことアリマセン。ちなみに500mℓで630円。


ほかにもたくさんお酒特集アリ。


「第2特集 いまこそ行きたい三重の理由」
この特集では伊勢神宮、鳥羽、神島、伊賀、松阪、志摩を紹介。
鳥羽では海女小屋体験やミキモト真珠島の海女の実演などを紹介。
伊賀上野では土鍋の長谷園、伊賀流忍者博物館などを紹介。ワタシが小学生の頃、伊賀流忍者屋敷を訪れた時は、年配のおっちゃんが忍者の格好をしてからくり屋敷の紹介をしてくれていましたが、今は派手な衣装のくノ一がガイドしてくれるようデス。



『Discover Japan』12月号はこんなところで。


スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ