5月31日 Adobe デジタルフォト&デザインセミナー 2008

5月31日 Adobe デジタルフォト&デザインセミナー 2008



DATE: 05/31/2008 22:22:33(他ブログからの引っ越しです)

久しぶりにセミナーに出席。アドビ主催の無料セミナー。千代田区神田のベルサール神田 2F イベントホールが会場。

13:00から17:30まで、4つのセッションが開かれた。

まずはフォトグラファー望月宏信氏による「写真を楽しくする高性能デジタル一眼レフ NIKON D3 & D300」。氏が自分の撮影した写真を見ながら、D3の特長を解説。なんといってもD3の高感度での強みとダイナミックレンジの広さにはビックリさせられた。水族館で光の当たっているところが適正露出になるようISO6400で撮り、光の当たっていない部分をPhotoshop LightRoomの「補助光効果」で明るくすると、ほとんど真っ暗だった画面から破綻なく人物などの映像が浮かび上がってくるのだ。本人が言うように、Photoshop LightRoomの性能によるものもあるだろうが、普通のカメラのデータであれば、同じようなことをするとノイズが立ってくる。やはりD3の画の素質がモノを言うのであろう。

続いて、レタッチャー片岡竜一氏による「プロのレタッチャーが教えるPhotoshop cs3 実践テクニック」。

レイヤーの自動整列やスマートオブジェクトに変換しての操作などがデモされたが、個人的にはイマイチな内容。

その次は長尾健作氏による「CADデータを利用した広告販促ビジュアル作成<ビジュアライゼーション>の仕組み導入の方法」。

基本的には「MAYAとか3ds MAXを使って儲けましょう」という主旨なのですが、この手のセミナーにしては珍しく、製品デモがメインでなく、いかに3DCGをビジネスとして取り込むかについて語られ、一番興味深かった。3DCGを頑張るつもりはないけど(笑)。

最後はアドビマーケティング本部日下部徳彦氏による「こんな使い方もできる! Adobe Photoshp cs3/cs3 Extendedの超活用術とその先のアドビテクノロジー」。

正直なところ、デモのポイント表現がイマイチ。多分、いい機能なんだろうけど、あまり試してみたいと思わない作例写真をつかっており、「なんでまた、そんなしょーもない写真を作例にするか?」と思ってしまった。

帰りにアンケートと引き換えに帰りにもらったのは、アドビのPhotoshop cs3 エコバッグ。A4サイズの雑誌などが数冊入るぐらいのキャンバス地のバッグで、ブルーの部分は小物入れになっている。又、カバンの口はジッパーで綴じれるようになっており、機能的といえる。ただ、最近は「エコ」が流行だが、バッグをたくさん作っていては、まったくエコにならないのでは? イマドキ日本人のほとんどはエコバッグの2つや3つ持ってるぞ!!

あと、無料のミネラルウォーターのペットボトルはヴォルビックだったのだが、セミナーのラベルが全部貼ってあって、ちょっと感動した。こういうところにオカネをつぎ込む企業体質が好き。
スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ関連
ジャンル : コンピュータ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ