「イーストマン・コダックが破産法申請を検討中」について


(1971-1987年頃のロゴ)



デジカメinfoが首題のニュースを。

デジカメinfoの記事:イーストマン・コダックが破産法申請を検討中

元ネタ:
産経ニュースの記事:米コダックが破産法申請か 業績低迷、数週間内と米紙報じる

産経ニュースはさらに米ウォールストリート・ジャーナルを元ネタにしているのだが(笑)、それはそれとして写真業界的には大きなニュース。まぁ、まだ破産法を申請したわけではないようだけれど。

フィルムカメラしかない時代、日本ではフジフイルムが7割ぐらいのシェアでコダックは1割程度だったので馴染みのない人も多かったかと思うが、世界的に見れば圧倒的にコダックが強かったようだ。ワタシが2000年にエジプト旅行をしたときにはコダックのフィルムしかなかったし、2002年のニュージーランド旅行でも同様だったように記憶している。

そもそも、一般人が写真を撮れるようになったのはコダックの功績であり、コダックなしに写真の歴史は語れない。

主な歴史はWikipediaでドーゾ。詳細はコダックジャパンのサイトで。

Wikipedia:コダック
コダックジャパン:Kodakの歴史


写真がフィルムで撮られていた時は巨人だったコダックだが、デジタル化では乗り遅れてしまったようだ。といっても、デジタルカメラ黎明期にはプロ用デジタルをキヤノンやニコンと共同して開発していたし、大型センサーは今でも作っているようだ。日本ではほとんど見ないがコンパクトデジカメも開発し続けてきている。ただ、フィルムビジネスをカバーするほどの規模にはなっていないのだろう。
もっとも、フィルム業界はみんな似たようなもの。フジフイルムはデジカメ事業でがんばっているけれど、フィルムの現像所を大幅に縮小して化粧品業界に活路を見出そうとしているし、コニカに至ってはカメラ・フィルムから完全撤退してしまったし。

ワタシが高校生のころは、メインとしてフジフイルムのフジカラー、あるいはネオパン400(白黒フィルム)を使用していたものの、コダクロームやエクタクロームといったスライドフィルムやトライX、テクニカルパン2415(だったかな?)などもたまに使っていた。

そのような思い出はあるものの、2000年のエジプト旅行を最後にフィルムカメラは一切使用していない。というか、そのときもメインはデジタルカメラだったのだけれど、当時のデジカメは電池の持ちが悪く、予備バッテリーも持っていったものの、それさえも使い切ってしまい、仕方なく予備のフィルムカメラを使わざるをえなかったというのが実情。

そんなわけで、コダックが破産法を申請してもワタシ自身に影響は全くないのだけれど、本当に倒産してしまうとすれば、ちょっと寂しさを感じてしまう。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イーストマン・コダック

カメラ日和 2012年 01月号 [雑誌]..... 企業年金運用の成功条件..... hiroyaikedaの物欲の館2 「イーストマン・コダックが破産法申請を検討中 ... イーストマン・コダックが破産法申請を検討 ...

米コダック 破産法適用を申請

時代だぁ~(©明石家さんま)時代の変化について行けなかったのかと思きやデジタル関連特許1100件もあるんなら別の事情か [?/]デジカメの台頭でフィルム事業なんか先細ってただろうし、頼みの綱...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ