アドビ社が「次期バージョンからのアップグレードポリシー変更について」

2012年1月12日、アドビ社がクリエイティブ・スイーツ製品のアップグレードポリシーについて、一部変更するアナウンスを行なった。

アドビ社のリリース:次期バージョンからのアップグレードポリシー変更について

アドビ社は2011年11月に、次期バージョンCS6からはアップグレード可能なバージョンが、従来は3世代まで可能だったのが1世代のみとなるアナウンスをしていたが、相当ユーザーからの不満の声を聞いたのだろう。CS3、CS4 ユーザーからも 2012年12月31日までの期間限定でアップグレードを可能とするもの。

突然2011年11月のアップグレードポリシーの変更を知らされたCS3、CS4 ユーザーにとってはとりあえずの福音と言えなくもないけれど、今後アップグレード可能なのは1世代前のユーザーのみになるという基本線は変わっていない。つまり、アドビユーザーは今後バージョンアップされるごとにアップグレードしなければならなくなる。Adobe Creative Cloud の契約をするという手もあるが、いずれにしても “定期的に” アドビにお金を支払わなければならないことには変わりがない。

これはユーザーが新バージョンの機能を評価し、良いと思えばアップグレードし、そうでもないと思えばアップグレードを控えるという判断をできなくするものであり、アドビ社の横暴だとワタシは思っている(もしアップグレード料金を従来の半額とか2/3にするのなら考え方を変えるけど。笑)。

なので、ワタシは現在、CS5 Web Premium を使用しているものの、今後はよほどの新機能がないかぎりアップグレードをやめるつもり。ワタシにとって必要なバージョンアップは、デジタルカメラの新バージョンのRAWファイルに対応する「Adobe Camera Raw」だけであり、それならば Photoshop Lightroom に切り替えれば大幅に安く済む(Web Premium のアップグレードは9万8,700円(CS4→CS5.5)、Lightroom 製品版は3万3,600円、アップグレードは1万1,340円)。


関連エントリー:「アドビCS関連製品の新価格プランとユーザーの反発」について

スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ