『CAPA』2012年02月号

CAPA (キャパ) 2012年 02月号 [雑誌]CAPA (キャパ) 2012年 02月号 [雑誌]
(2012/01/20)
不明

商品詳細を見る


『CAPA』2012年02月号


表紙&裏表紙は吉木りさサン。


「オリンピックイヤー2012年のNewモデル Nikon D4」
扉写真はD4を下から見上げるようなアングルで撮影してあり、新鮮。ただ、キヤノン EOS-1D系のように見えてしまうが(笑)。
8ページで製品紹介。さらに EOS-1D X との比較を4ページで紹介している。
ニコンカラーのブラック&イエローを使ったレイアウトで、新機能などの特長が端的に説明されていて読みやすい。


「他のカメラの追随を許さないスーパー一眼レフのすごさに迫る! “究極” の一眼レフ」
上のニコンD4もこの企画の一部なのだが、ほかにキヤノン EOS-1D Xシグマ SD1ペンタックス 645D を取り上げ、解像感、シャープ感、高感度、AF・連写性能について解説。


「昆虫のマクロ撮影を楽しむ」
解説やキャッチが誤解を生みそうな内容なのでスッキリしない。
まず、このページで使われている用語の定義がかなり曖昧。“マクロレンズのスゴさは、大きく “等倍” で撮れること”ーーーとなると、マクロレンズは等倍が撮れることが必須条件のようだが、そうでないレンズだってある。最近のレンズは確かに等倍が撮れるものが多いけれど。さらに同じページで
“等倍とは、フルサイズ(35mm判フィルムサイズ)画面に実物大で写ること” と定義めいた文が記されている。なんで “35mm判フィルムサイズ” なの? 実際、本文には “等倍とは、撮像素子状に被写体が実物と同じ大きさで写るという意味だ” とあり、こちらがシンプルで正しい。余計な条件を加えると、意味が限定されてしまうので、定義を語る時は厳密にしてほしいところだ。
さらに、“離れた位置から大きく取れることがマクロレンズ最大のメリット” というページもあるが、これまた誤解を生みやすい。100mm以上のマクロレンズはそこそこ離れて大きく写すことができるけれど、35mm、50mmといった広角マクロ、標準マクロレンズはどうなるの? 企画の趣旨としては、100mm以上のマクロレンズを使えば、そこそこ被写体との距離を撮ることができて便利だよということなのだろうけれど、言葉の使い方があまりにも雑。間違っていない範囲での文言にして欲しいもの。


「冬景美色 残したい日本列島の自然風景(冬編)」
14人の写真家による冬の風景写真。キレイです。


馬場信幸「シンク・アウト」今回は「高級カメラのデザイン」
ソニー NEX-7 のデザインはレンズマウントが左手側にシフトされていており、合理的だが、ほかのカメラ(ペンタックスQオリンパス PEN E-P3ニコン1フジ ファインピックス X100パナソニック ルミックス GX1)はマウントが中央に寄っていて良くないと断じている。
確かに NEX-7 は直線基調のデザインで大きなグリップは握りやすい。ワタシも優れたデザインだと思う。が、それ以外を否定してしまうのには納得できない。また、「多くのレンズ交換式デジタル一眼(レフ)が、無意味な曲面デザインに走り、写真を撮る高尚な機械から遊離してしまった・・・」も言い過ぎ。同氏は曲線が嫌いで直線好きというのは過去の同コーナーを読んでいればわかるけれど。
また、曲線デザインだと高尚な機械ではなくなってしまうのか?・・・そもそもカメラは高尚な機械なのか? 高尚でもなければ低俗でもない、カメラはただ写真を撮る機械である。
仮に NEX-7 がいいデザインだとしても、あらゆるメーカーが NEX-7 と同じデザインのカメラを出せというのか?
人間が十人十色であるように、カメラも十人十色でいいではないか。
そんなわけで、馬場氏には自分の好き嫌いと、良し悪しをもう少し区別した書き方をしていただきたいと思う次第である。


「キヤノン PIXUS PRO-1登場!」
5ページで特集。くすんでいたり、あるいは赤が飽和しているカラーの作例でイマイチ。全体的にいいことばかり書いているが、よく読むと最後に本体の大きさ・重さが難点であると最後に書いてある。


「デジタル一眼レフ動画 解体新書」
ワタシはこの分野は本当に初心者なので、わからない単語がいくつも出てくる。じっくり読んで勉強ですな。



『CAPA』2月号はこんなところで。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ