スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パナソニック、「TZ30」「3D1」「FT4」「FX80」などLUMIX 9モデルを発表」について

毎年恒例であるが、パナソニックがコンパクトデジカメの新製品を9モデル発表した。

デジカメWatchの記事:パナソニック、「TZ30」「3D1」「FT4」「FX80」などLUMIX 9モデルを発表


ワタシ自身、GH1、GH2以外にコンパクトデジカメの FX01FX50TZ7と歴代パナソニックカメラを使用してきているので、今回の新製品発表にも興味津々。

9モデルもあるとそれぞれの特徴をつかむのが難しいけれど、高倍率ズームで2種類、防水タイプで2種類、3Dタイプが1種類、、ビューティ・レタッチモデルが1機種、低価格モデルが3種類という具合。

ワタシが興味深く見ているのが高倍率ズーム機のTZ30およびSZ7、防水タイプのFT20。


ワタシがふだん使用しているTZ7(3年前のモデル)は25-300mm相当の高倍率ズームで、トラベル用とされており、やや厚みがある(32.8mm)けれど、これ1台で何でも撮れるという安心感がある。

それの後継機が TZ30でGPS搭載の20倍ズームとなっている。望遠端は480mmとなっていて、カメラの外観からは想像もつかない望遠撮影が可能。ボディの厚みは28.2mm。価格はオープンで4万円前後。
カラーバリエーションはブラック、レッド 、ホワイトの3色で、シルバーが好みのワタシとしてはどれを選んで良いか悩むところ。あえて選ぶならレッド、ホワイト、ブラックの順。


もう1つのSZ7はズーム比を10倍に抑え(25-250mm)、その代わり厚みを21mmに抑えたモデルで、ふだん使いにはこちらのほうがむしろ便利かも。価格はオープンで3万円前後というのもイイ。
ただ、カラーバリエーションがブラック、ピンク、ブラウン、ホワイトの4色となっており、これまたカラー選択に悩むところ。この中であえて選ぶなら、ホワイト、ブラウンかなぁ。


アウトドア用としては FT4がパナソニックとしてはメインに位置づけているのだろうけれど、ワタシ的にはむしろFT20のほうに興味が向かう。というのも、焦点距離がFT4は28mmからの4.6倍ズームなのに対し、FT20はより広角な25mmからの4倍ズームだからだ。望遠側はトリミングすれば対応できるが、広角側はレンズスペックで決まってしまうからだ。
もちろん、FT4は店頭予想価格は4万5,000円前後とされるだけあって(FT20が2万5,000円前後の見込み)防水機能が12m(FT20は5m)であるとか、動画機能に差があるなど、価格差に見合ったスペックは当然あるので迷うところ。

FT4のカラーバリエーションはウルトラマリンブルー、サンライズオレンジ、プレシャスシルバーの3色。この中で選ぶなら、サンライズオレンジか、プレシャスシルバー。

FT20のカラーバリエーションはコーラルブルー、エスプリブラック、シャイニーレッドの3色。この中で選ぶなら
シャイニーレッドかなぁと。

ところで、ワタシがアウトドアで使う用途といっても、ダイビングやシュノーケリングなどはしないので、あえて考えるとすればスキーか。でも、過去スキーでTZ7やGH1、GH2を使っていて何の問題もないので、FT4とかFT20はやっぱり必要ないかなぁ(笑)。



ここまで書いてきて気付いたのはワタシのキョーミはハイエンドモデルではなく2番手モデルに移っていること。ハイエンドモデルはもはやワタシにとってオーバースペック状態。昨今、海外で日本の(ハイスペックな)家電製品が売れない状況と似ているような気がする。





スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : パナソニック


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。