「マイクロ一眼「OLYMPUS OM-D」を発売」について


さんざんネットでリーク画像が流れていた「OLYMPUS OM-D」がようやく正式発表。3月下旬発売、オープン価格(店頭予想価格はボディのみで10万5,000円前後)。SD1 Merrill 突然発表のインパクトが大きかったので後回しになってしまった(笑)。

オリンパスのリリース:マイクロ一眼「OLYMPUS OM-D」を発売

OM-Dのスペシャルサイト:OLYMPUS OM-D

デジカメWatchの記事:オリンパス、OMシリーズのテイストを受け継いだマイクロフォーサーズ機「OM-D E-M5」

オリンパスとしては初めてEVF内蔵し、防塵・防滴処理を施した高級モデル。オリンパスとしては最高の1,605万画素センサーを搭載(3,630万画素のニコンD800が発表されて霞みまくりだが。笑)、ボディ内手ブレ補正は、世界初という5軸の補正に対応、AF機構「FAST AF」システムにより世界最速の合焦速度を実現した、というあたりが主なウリか。

名前のとおり、同社の一眼レフ・OMシリーズのデザインに似せている。ホットシュー部分が大きいのが気になるが、全体的に悪いデザインだとは思わない。が、PEN シリーズに続いて過去の栄光にすがろうという根性が気に喰わない(笑)。
ついでにストロボが外付けというのも気に喰わない。
さらに、縦位置グリップ(パワーバッテリーホルダー「HLD-6」)のバッテリー部分が分離式なのも余計なコストがかかっているだけのように思える。


とはいえ、マイクロフォーサーズユーザーのワタシとしては、興味深いモデルであることも事実。とりわけ気になったのは・・・

世界初の5軸手ぶれ補正機能
レンズ内手ぶれ補正方式のパナソニックに対し、オリンパスは従来からボディ内補正としているが、ミラーレス機に関してはボディ内補正がスマートだと思う。それがさらに進化したということで。オリンパス方式なら、手ぶれ補正機構を内蔵しないレンズであっても安心して使用することができる。

EVFでの「高速表示モード」
表示タイムラグを最短で0.03秒に抑えられる「高速表示モード」も搭載し、光学ファインダーに対して遜色ない被写体追従性があるとしているが、どの程度のものなのか、興味津々。

新しいムービーエフェクト「マルチエコー」
動画でマルチストロボ的な映像が作れるエフェクト。バドミントンのスウィングなどを撮ると面白そうだ。
 



防塵・防滴のフォーサーズアダプター「MMF-3」
「ZUIKO DIGITAL」の、SHG (スーパーハイグレード)、HG(ハイグレード)シリーズ12本の防塵・防滴仕様のレンズを、防塵・防滴のまま「OLYMPUS OM-D」に装着できるアダプター。
「OM-D予約キャンペーン」の賞品の1つにしているだけに、気合いの入れようを感じる。景品表示法に引っ掛からないかと思ったが、ギリギリセーフ(総付景品類の最高額の制限・取引価格の2/10)。というか、景品表示法をベースにカメラ本体かアダプターの価格設定してるよなぁ(笑)。
それはともかく、これでフォーサーズの高級レンズ人気が出れば、オリンパスとしてはしてやったりですからなぁ。

オリンパスのサイト:OM-D予約キャンペーン


こんなところがリリースに対するワタシの印象。CP+2012が楽しみ。さらにオリンパスは全国各地でイベントを予定しているようだ。

オリンパスのサイト:OLYMPUS Photo Festa 2012 新製品体感フェア2012

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : オリンパス CP+


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ