漫画『ワタリ(1~7巻)』(白土三平著/講談社コミックス/昭和51年)

   

  




漫画『ワタリ(1~7巻)』はワタシが最初に買った白土三平作品。昭和51年に印刷されたコミックだから小学5年生の頃。オリジナルは1965年とあるからワタシが生まれた年(笑)。

当時、TVアニメ『忍風 カムイ外伝』の再放送があり、これにハマってしまい、本屋に探しに行ったところ、『カムイ外伝』が見つからず、代わりに見つけた『ワタリ』を7巻まるごと購入。当然のことながら、一気読み(笑)。

ワタリ一族のワタリとその祖父の四貫目が忍者の里・伊賀に入り、そこで起きる事件に立ち向かう忍者アクション長編コミック。『サスケ』が少年向けに分かりやすい設定で描かれているのに対し、こちらはもう少し上の年齢層を対象にしているように思う。

第1~3巻は伊賀の「死の掟」の謎を解くことがテーマとなった内容。
第4~5巻は 「0(ゼロ)の忍者」の謎を説くことがテーマ。
第6~7巻は戦国時代におけるワタリ一族の生き方について首領とワタリの対立がテーマ。

改めて読み返してみたが、第3巻で終わっていても問題ない気がするものの、ストーリーは続く。第4巻から「0(ゼロ)の忍者」が登場。戦国時代に「ゼロ」という英語やアラビア数字「0」を使うのには違和感があるけれど(笑)。
第6巻からはそれ以前とのストーリーのつながりが切れ、ワタリと四貫目が首領の策略によりワタリ一族から孤立してしまう。そして、白土作品に特有なのだが、結末がメデタシメデタシとはいかず、スッキリしない終わりかたをしまうのだ(笑)。つまり、主人公ワタリが勝利を収めるのではなく、一族から逃げることでこの物語が終わってしまうのだ。

ちなみに忍者としてのワタリのアイテムとしては、斧を常に持っており、攻撃と守りの武器としているのだが、ほかには「カブトワリ」という特殊な鉛玉を使った「無角投げ」、「オボロ影」が得意技。

スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 白土三平 ワタリ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ