『dancyu』2012年04月号 「トライ! 日本酒」

dancyu (ダンチュウ) 2012年 04月号 [雑誌]dancyu (ダンチュウ) 2012年 04月号 [雑誌]
(2012/03/06)
不明

商品詳細を見る


『dancyu』の日本酒企画、またまた買ってしまいました(笑)。

今回は「トライ! 日本酒」ということで、日本酒初心者のためのQ&Aスタイルをベースに企画進行。

Q.無人島に持っていきたい酒は、なんですか?
横綱・白鳳、落語家・春風亭昇太、フリーアナウンサー・福澤朗など11名が無人島に持っていきたいベスト1の日本酒を紹介。白鳳のみたくさん飲むので2つの蔵を紹介(笑)。


Q.初めての日本酒居酒屋。何から頼めばいいですか?
唎酒師・山同敦子、日本酒ジャーナリスト・松崎晴雄の両氏が回答。
山同氏は軽快な味からだんだん力強い酒を頼むことを提案。松崎氏は未体験に挑むのが居酒屋の醍醐味でしょう!と。
ワタシ的には、好きなものを頼めばいいと思うのだが、自分の好みを店員さんに伝えてオススメを提案してもらうのがいいのでは? 店員さんとのコミュニケーションもまた楽しいと思う。


Q.なぜ日本酒好きの人は、一升瓶を買っているの?
本誌では2週間で飲みきることを目指してみよう、という提案だが、ワタシは2日で空けてしまうので・・・(笑)。
個人的には4合瓶のほうが軽いし、冷蔵庫にも入れやすいし、量が少ない分いろいろ試せて好きなのだけれど。
本誌では1週目は常温で楽しみ、2週目は開けた後の変化を楽しもうと。


Q.ワイン好きにお薦めってありませんか?
ここではまず、猪口ではなくワイングラスで日本酒を試そうとの提案。ワイングラスでは空気に酒が触れることで「旨味と香りが驚くほど広がる」とのこと。試してみたものの、さほど違いは感じられなかったけど…(笑)。


Q.酒と料理の相性を知りたい。どうやって合わせればいい?
酒と料理の濃淡を合わせること、海の酒・山の酒で料理を合わせることを提案。


Q.燗の適温がわかりません。コツってありますか?
燗にもいろいろあるようで、単純に温度の違いだけでなく、「戻し燗」「割り水燗」「じゃばじゃば燗」「急冷燗」「飛び切り燗」
「水から燗」といった手法を紹介。なかなか燗も奥深いものでゴザイマス。


Q.杜氏さんって、どんなしごとをしているの?
杜氏の仕事について細かく解説。これを知ってどうかというのはないけれど、雑学の一つに(笑)。


「農」と言える、日本酒
米作りに挑む3つの酒蔵の紹介。靍橋庄作酒造店(福島)はみずから米を作り、渡辺酒造店(新潟)は地元農家と直接契約、松瀬酒造(滋賀)は研究会を作って求める米を作るために努力していることをレポート。


東北に香る、復活の酒
磐城壽(福島→山形)と伯楽星(宮城)の現状をレポート。
震災にあってもあきらめない蔵元の姿勢はすばらしいけれど、それをしっかりレポートする『dancyu』にも拍手を送りたい。

本企画に限らず、本号ではあちこちのページで東北の酒や食が紹介されている。
「復興は食から」という編集長のコラムをはじめ、取り上げられている日本酒も東北のものが多い。表2の広告は福島県二本松市の大七酒造のもの。
「気仙沼のフカヒレ復活!」という記事もある。

『dancyu』編集部は、東北の酒や食材を紹介することで、復興支援をしようとしているのだろう。ワタシ自身、東北へ観光に行くのはなかなかできないけれど、せめて本誌をブログで紹介し、広めたいと思う次第。


スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

tag : dancyu


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ