『Badminton MAGAZINE』2012年04月号

Badminton MAGAZINE (バドミントン・マガジン) 2012年 04月号 [雑誌]Badminton MAGAZINE (バドミントン・マガジン) 2012年 04月号 [雑誌]
(2012/03/22)
不明

商品詳細を見る


『Badminton MAGAZINE』2012年04月号


巻頭特集「【センバツ直前企画】桃田賢斗 奥原希望が戦ったら…」
副題「仮想対決でスーパー高校生のテクを学ぶ。」
奥原選手が桃田選手のプレーを分析し、桃田選手もまた奥原選手のプレーを分析。それぞれ1ページほどの文面なのだけれど、(奥原)「オーラのあるときの桃田との勝負するときもヤバイです。普段の桃田はわりと適当な感じで(笑)…」とのコメントが笑える。
(桃田)「全日本合宿でクリアー対決したんですけど…ちゃんとやらないと勝てないと思った。自分はギリ勝ちました(苦笑)」というのも笑えるが、続けて「男子高校生で奥原に勝てる選手はほとんどいないと思います」とのこと。
13ページには奥原選手がサイドレシーブでダイビングキャッチをしている連続写真が掲載されているが、これはなかなか珍しく、面白い。


「特報 アジア選手権団体戦 日本女子が中国を破ってV!」
最後に優勝を決めてベンチの選手・スタッフとハイタッチする三谷美菜津を下から撮った写真は面白い。ちょっと超広角レンズくささが目につくけど。


「金 ゴールド 極める」
記事ではなくて Wilson ラケットの見開き広告。右がラケットのジョイント部分(Wilson ロゴ入り)のアップ写真。左が製品全体の写真。金色の背景に佐々木翔・池田信太郎選手がジャンピングスマッシュをしている写真をうっすら配置。全体的に色が統一されていて好みの広告。
強いていえば、両選手の着ているシャツの色が全体のトーンに合っていないのが気になる(笑)。
さらにいえば、左ページ上のキャッチコピーが「躍動、鼓動 ,そして感動の全てを伝える。」なのだけれど、「、」「 ,」の使い方が??? 細かくてスミマセン(笑)。


「技術スペシャル ラウンド・ザ・ヘッド」
「Part 1 バック奥から打ち返すには [前編]」(後編はハイバックを次号で紹介予定)
「Part 2 諶龍&王適嫻の連続写真から盗め!」


「上達の第一歩 正しいグリップと素振りを覚えよう!」
小学生向けの企画なのだけれど、ワタシもバド歴3年ながらいまだにこの問題をひきずっているので・・・(笑)。参考にしないと。


「審判実務セミナー51 第1ゲーム勝者の次ゲーム最初のサーバーはどっち?」
この質問の解答は競技規則 第11条 ダブルス 第6項「ゲームに勝ったサイドは、次のゲームで最初にサービスをする。ただし、そのとき、どちらのプレーヤーがサービスしてもよく、また負けたサイドのどちらのプレーヤーがレシーブしてもよい。」。
ワタシは正式な試合をしたことがないので知らんかった(笑)。


「恩師の記憶 Vol.11 内藤真実 師・鶴見和彦は語る」
内藤真実選手はオグシオ引退後の全日本総合でスエマエの初優勝を松尾静香選手とともに阻んだのをワタシはよく覚えている。
大柄でちょっと独特のフォームで打つ(ようにワタシには見える)のが特徴で、スマッシュの連打をするときなどはかなりの迫力。
そんな内藤選手だが、高校生のときは全日本の合宿に行くときは「強い選手の中でやるのは嫌だ」って泣きながら言っていたくらい、自分に自信を持てなかったとのこと。へー。
また、高校に入ってきたときの将来なりたい職業は?との問いに「パリコレに出たい」と語ったとか。


「挑戦者たちの素顔 Vol.60 古賀 輝」
古賀選手は高校生プレイヤーとして注目されていた選手(ワタシはほとんど知らんかったけれど)で名門・埼玉栄高で主将を務めた。
2008年全中で復優勝、2010年全日本ジュニア復優勝・単2位、2011年 IH 単優勝・復2位の成績を持つ。
練習は「ノックやパターン練習が嫌いだったので、高校でゲーム中心のメニューになってよかったと。まだゲームの方が楽だなって(笑)」。
4月から早稲田大学に進むそうで。


「初・中級者に贈る ラケット選びの5カ条」
初・中級者には1万円~1万5,000円のものを薦めているが、ワタシが最初に買ったのは『YONEX GR-619』(1,998円/中国製)(笑)(→リンク)。今でも愛用しとりますが。
次いで購入したのが『YONEX Ti ZERO TITANIUM MESH』(定価10,500円)(→リンク)でようやくそこそこレベルに達したか(笑)。こちらは軽いのでお気に入り。
カタログに「3U」とか「4U」とかあるのは重さのことだと初めて知った(笑)。ちなみに 2U:90-95g未満、3U:85-90g未満、4U:80-85g未満、5U:76-80g未満(バドマガ編集部の目安。メーカーにより多少異なる場合もあるそうで)。
もともと「L(ライト)」と「UL(ウルトラ・ライト)」で表示していたものの、軽量化がどんどん進み、「UL」の「U」だけが残ったそうで。こーゆーウンチクが好きデス(笑)。
さらにグリップサイズも「G4」「G5」「G6」(数字が大きいほど細い)があるとのこと。これまた知らんかった(笑)。
なお、本誌巻末「ビギナー向けラケットカタログ2012」で具体的な製品を紹介。


新企画「キラめけ! ジュニアの星 山口茜」
スーパー中学生・山口茜さん。テレビ『所さんの笑ってコラえて!』でも紹介されておりましたなぁ。
この企画は、監督と母のコメントおよび本人へのインタビュー、さらにある一日のスケジュールという内容で構成されている。


「ウィルソンがつくり、日本ユニシスが着る。」
TAG テニスグループのバドミントンウェアの広告(115ページ)なのだが、使われている写真は全日本総合と日本リーグでワタシが撮ったもの。ワタシの依頼主から渡ったものだろうが、こういう広告で使われるとは知らなかったので、見たときはビックリ! 1枚画像の荒い(画素数不足)のがあってちょっと残念。


『Badminton MAGAZINE』4月号はこんなところで。

スポンサーサイト

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

tag : Badminton バドミントン


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ