2012.05.07 機能改善体操ポーズ撮影のオシゴト(2)

さて、引き続き大阪のフィットネススタジオでの機能改善体操ポーズ撮影の実写レポ。

大阪のフィットネススタジオ:Studio five 'f'

実際に使った機材は昨日書いた通り、下記の3点。
キヤノン EOS-1Ds Mark III
タムロン SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD
コメット TWINCLE 03F
あとのたくさんの機材は登板せず(笑)。


・コメットはアンブレラを使用せず天井バウンス。このほうが光が全体に回り、モデルが立ったり寝そべったりと動いても露出の調整をしないですむので、ワタシの好きなずぼらなセッティング(笑)。

・写真は大伸ばしの予定がないので、ISO800に設定。ストロボの負担を少なくした。

・シャッタースピードは1/250秒、絞りはf7.1~8。この絞りなら高価なレンズでなくとも高画質に写りマス(笑)。

・レンズに関しては、あまり遠近感を出したくないので、なるべく70mm側(あるいはそれに近い焦点距離)で撮影。
モデルの身体がなるべく自然に写るようにした。
このレンズは望遠側で歪曲収差が少ないので、安心して使えた。

・レジュメやテキストでは一連の動作を2枚から数枚並べることが多いので、同じ画角での撮影が必要。
タムロンはズームリングが不快ではない程度に重くて、下を向けても上を向けても自重落下しないのがヨイ。同じタムロンでも以前使用した28-300mm VC のほうはすぐに自重落下してしまい、かなりまごついた経験がある。

・AFに関して言えば、特別速いとは思わないけれど遅くて困ることもなく、問題はないと感じた。

・機能改善体操という今回の撮影では、水平・垂直が重要になるので、気を使った。三脚を使って水平・垂直を出せればいいのだろうけれど、移動して撮影するので、三脚なしで撮影。カメラの方眼スクリーンが役に立つ。

 

(いろんなポーズを大量に撮影。モデルのAIさんお疲れさま!)




こんな感じで1,000枚弱を撮影シマシタ。



TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD キヤノン用 A007ETAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD キヤノン用 A007E
(2012/04/26)
タムロン

商品詳細を見る




スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : タムロン 24-70mm A007


trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【2012.05.07 機能改善体操ポーズ撮影のオシゴト(2)】

さて、引き続き大阪のフィットネススタジオでの機能改善体操ポーズ撮影の実写レポ。大阪のフィットネススタジオ:Studio five

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ