スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キヤノンが新製品(EOS Kiss X6i、EF40mm F2.8 STM、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM)発表」について

キヤノンが首題の新製品を発表した。数日前からネットで情報が出ていたので驚きはないけれど、いろいろと見逃せない機能が詰まった製品群のように思う。

キヤノンのリリース:
エントリー向けデジタル一眼レフカメラ“EOS Kiss X6i”を発売静止画・動画共にAF性能が大幅に進化
EOSシリーズ用交換レンズ2機種を発売動画対応機能を強化した“EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM”など

デジカメWatchの記事:
キヤノン、タッチパネル式バリアングル液晶採用の「EOS Kiss X6i」
キヤノン、パンケーキスタイルのEFレンズ「EF 40mm F2.8 STM」
キヤノン、新AF駆動機構を採用した「EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STM」


なんといっても、注目はEFレンズ初のパンケーキレンズ、EF40mm F2.8 STM(6月下旬発売/税込み希望小売価格24,150円、マップカメラで税込み17,800円)。APS-Cカメラで使用するにはちょっと中途半端な焦点距離に思うけれど、フルサイズ機にはスナップに便利なレンズのように思う。
仕上げも梨地塗装でマウントも金属を使用しており、チープ感は感じられない。フォーカスもフルタイムマニュアルフォーカスができ、動画においては駆動音がほとんどないSTM(ステッピングモーター)を採用している。
というわけで、このレンズはマニアには売れるでしょうねぇ。ワタシもホシイ(笑)。
今後、この手(低価格パンケーキレンズ)がシリーズ化されるとウレシイのだけれど。

とはいえ、冷静になって検討すれば、ワタシに関して言えば、あまり使い道がなさそうなレンズ(笑)。なぜなら、気軽な機材でスナップというような用途であれば、パナソニック LUMIX DMC-GH2+20mm F1.7 を使うだろう。EOSシステムで組むなら、F2.8ではズームレンズのスペックなので、あえて1本必要というワケではない。まぁ、EOSカメラしか持っていないユーザーなら、活用範囲はあるかもしれないけれど。

あと、製品の性能とは全く関係ないけれど、焦点距離を表すフォントがごく一般的なものに変わっていますなぁ。以前は「0」が直線と円で描かれており、ちょうど陸上競技のトラックを細長くしたような形状ですきだったのだけれど。いつから変わったのかな???


続いてEOS Kiss X6i(6月下旬発売/オープン価格、マップカメラで税込み80,800円)。
オール9点AFセンサー、5コマ/秒の高速連写、ハイブリッドCMOS AF、高感度 常用 ISO12800、EOS初のタッチパネルなど、もはや入門機とは言えないスペック。
とはいえ、連写性能はJPEG(ラージ/ファイン):約22枚(30枚)、RAW:約6枚(6枚)、RAW+JPEG(ラージ/ファイン):約3枚(3枚)と超短距離走者!(爆)。RAWを使わなければ気になることはならないだろうけれど、RAWで連写は無理ですなぁ。
また、EOS Kiss X6i は買ってしまえば満足度は高いカメラかもしれないが、80,800円はちょっと高めかも。旧モデル EOS Kiss X5 も値下がりするだろうから(6月8日のマップカメラ価格は税込み56,800円)、こちらも要チェックかも。


EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM はAPS-Cカメラ専用の高倍率ズーム(6月下旬発売/税込み希望小売価格71,400円、マップカメラで税込み52,000円)。
ワタシ的には全く興味のないレンズなのだけれど、UDレンズ1枚、非球面レンズ1枚を使用しており、MTF曲線を見ると、画質はかなり良さげ。ステッピングモーターを使用して動画対応しているものの電動ズームでないところが中途半端な気がしないでもないけれど、静止画撮影では手動ズームの方が使いやすいので、これはこれでいいのかも。


今回、気になったのが STM(ステッピングモーター)→キヤノンの解説)。
Panasonic LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4.0-5.8 ASPH.MEGA O.I.S. で最初に採用されたように記憶しているが(違っていたらゴメンナサイ)、動画撮影時に駆動音がほとんどないというところが一番のメリットか。
ただ、キヤノンにはもともと1987年に製品として世に出した USM(Ultra Sonic Motor 超音波モーター)があり、高速AF、静粛性で静止画撮影には評価が高かった。これが常時AFが必要な動画撮影には適さないのかもしれないが、静止画撮影においてSTMはUSMと比較してどうなのか? ここが気になるポイント。USMと遜色なければ今後発売されるレンズは全てSTMになればよいだろうが、そうでなければ用途によって併存することになるのだろう。
そのあたり、伊達淳一氏には『デジタルカメラマガジン』の開発者インタビューで質問してほしいところだ。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン EOS Kiss X6i 40mmF2.8


trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「キヤノンが新製品(EOS Kiss X6i、EF40mm F2.8 STM、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM)発表」について 】

キヤノンが首題の新製品を発表した。数日前からネットで情報が出ていたので驚きはないけれど、いろいろと見逃せない機能が詰まった製品群のように思う。キヤノンのリリース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。