New MacBooks & Display

アメリカ時間で14日の10時、日本では15日の2時からアップルで新製品発表があった。

ノートブックが中心になると言う事前のアナウンス通り、MacBookのリプレースおよび値下げとMacBookPro 15 inch のリプレース、MacBook Air、MacBookPro 17 inch のマイナーチェンジがあったほか、LED Cinema Display の発売がアナウンスされた。
アップルのUSサイトを見ても発表会のビデオ放送はなく、寝てしまおうかと思った。以前はMacWorld Expoの基調講演をライブで流していたのだが。
ところが、CNETのLive blog で逐一発表内容を文章と写真でレポートしているのを見つけたので、2時から3時まで2~3分ごとに更新しまくった。
http://news.cnet.com/8301-13579_3-10064331-37.html?part=rss&subj=news&tag=2547-1_3-0-5
久しぶりに英語のレポートをマジメに読んでしまった(笑)。

その間、アップルのHPはUSサイトも日本サイトも古いまま。3時になっていきなり内容が更新された。いつものことだが、このあたりはサスガ。

さて、新製品の内容だが、ちょっと微妙に期待はずれと言ったところ。これから1台目として買いたい人や現状使っているマシンが遅いとか容量不足に感じて買い替えを考えている向きには問題ないと思うが、「新しい機能がついたから買い替えたい」というほどのものがなかったし、デザインは最新型のiMacに似たブラックベゼル(スクリーンの黒枠)でクールだとは思うが、今のモデルのデザインも十分クールだし。

同時発表されたLED Cinema Display もブラックベゼルでそれなりにクールながら、MacBookProでなく(でもいいのだが)MacBookにつなごうという考えはどうかと思った。MacBookProユーザーならわからなくもないが、MacBookを買うユーザーは新たにディスプレイを買うか? それならiMacを1台買ったほうが遥かに安く済むだろう。しかもこの新しいディスプレイは新しいMacBook、MacBook Air、MacBookProにしか使えないという割り切りようもスゴイ。古い23インチディスプレイにプレミアムがつくのではないか?(笑)

いま、PC系では小型低価格パソコンの売れ行きが好調なので、アップルも同様の低価格ノートを出すことを多くのユーザーが期待したのではないだろうか? 私も一抹の期待をしていたのだが、残念な発表となった。スペックが向上するのはありがたいが、いまユーザーが望んでいるのはそうではないだろう。
今はインターネットにつながりさえすれば大抵のことができるようになった。完全なワイヤレスをアピールしたMacBook Air はアイデアとしては非常に良いと思ったが、高い価格がネックだ。
メモリー、HDDもそこそこ、ディスプレイもそこそこ小さくてもいいから値段を抑えたノートをアップルが出せばバカ売れすると思うし、iTunesにつなげてもらって音楽ビジネスで更に儲けることができるわけだから、出さない理由はないと思うのだが・・・。まぁ、MacBookは売れなくなるだろうが。

ただ、1つだけ良いと思ったのが、有毒物質を使わず、リサイクルしやすい素材を採用/設計していること。今後は他の製品にも広がっていくのだろう。でもアルミの削り出しは削りくずがたくさん出るだろうから、再度原材料加工できるとしても非効率な製法ではないのか?

まぁ、実物も見ていないところでの勝手なコメントでございます。
スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ関連
ジャンル : コンピュータ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ