シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM の OS 修理



シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM が OS (手ぶれ補正機構)修理から帰ってきた。

第62回全日本実業団バドミントン選手権大会の撮影を始めてからすぐに異常を感じた。OSをONにしていても手ぶれ補正が行なわれないのだ。とはいえ、AFは効いているので、OSをOFFにして大会の撮影を続けた。OSをOFFにしたのは、変な動作をしてもらっては困るから。

関連エントリー:2012.06.15 第62回全日本実業団バドミントン選手権大会名古屋大会 撮影後記

大会終了後、シグマのサービスセンターに電話。症状(?)を伝えると修理するので送ってほしいとのこと。
レンズを購入してから1年1ヶ月と保証期間が切れてすぐだったのだが、4ヶ月ほど前にズームリング調整の修理に出していることも伝え、「保証期間内」(つまり無償修理)にしてもらった。

ワタシが宅配便で発送したのが6月21日、シグマのサービスセンター(川崎)に届いたのが22日、その後福島の工場に移送されたようで、修理完了したのが7月2日、ワタシの手元に戻ってきたのが7月4日という具合。13日かかっているが、先方での受付から修理完了までが10日間。
修理の混み具合もあるだろうから10日間かかっても仕方ないのだろうけれど、いちいちサービスセンター経由ではなく福島の工場に直送していれば、少なくとも1日か2日は短縮したと考えられる。
ただ、サービスセンターの方は、撮影の予定があって緊急に修理が必要であればそれなりに対応してくれる旨、話してくれたが、特に撮影予定もなかったので通常の流れでの修理を依頼した。

届いたレンズは表面が綺麗に掃除されており、フードは外されてビニール袋に梱包されていた。強いて言えば、フロントレンズキャップの「SIGMA」ロゴが下向きに装着されていたのが残念(細かっ! 爆)。OSはもちろん直っていた。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : シグマ 120-300mm


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ