ほんとはオヤジのカメラです。キヤノン FT QL

ネタ不足に悩んでいたところ、過去、キヤノン FT QLについて書いていないので、ここで書く。



キヤノン FT QL は父が購入した一眼レフ。発売が1966年とあるので、ワタシ(1965年生まれ)の成長を記録しようとして購入したのかもしれない。

キヤノンカメラミュージアム:キヤノン FT QL

ワタシが小学3年生ぐらいの頃にスーパーカーブームがあり、そのときは姉のカメラ「オリンパス35ED」→リンク)を借りて鈴鹿サーキットにスーパーカーのデモ走行を撮影に行った記憶があるが、翌年ぐらいにはこの FT QL を使わせてもらえるようになったと記憶している。

レンズは標準レンズの FL 50mm F1.8FD 100-200mm F5.6 S.C. →リンク)があったので、当時としては、この望遠ズームを使えることはかなり自慢だった。

当時はカメラの知識があまりなく、とりあえず 1/125秒、F5.6あたりに設定しておいて、絞り込み測光をしてファインダー右にある針が一致するようにシャッターダイヤルか絞りリングを調整すればすれば露出が合うという程度(笑)。ま、たくさん撮影していくうちにスローシャッターでは手ぶれするとか、絞りを絞るとピントの合う範囲が広くなるとか体験的に理解するようになるのだけれど。

FT QL に限らず、当時のカメラはシンプルで、AEもAFもないので細かい設定をする必要はなく、ピントも露出(シャッタースピードと絞りの設定)も人力で決めれば、あとはシャッターボタンを押すだけ(ほかにフィルム巻き上げと巻き戻しの手間があるけれど。)。



FT QL には名前にある通り QL(クイックローディング)というキヤノン独自の簡易フィルム装填機構がある。カメラの裏蓋の一部が二重構造になっていて、二重部分がフィルムを押さえるので、裏蓋を閉じればあとはフィルムを巻き上げるだけ。当時はオートローディングなんてものはなく、フィルム装填のミスが多かったことから、画期的な機構だったと思う。とはいえ、その後、同機構を備えた FTb QL が発売されるものの、それ以降は同機構を搭載したモデルはなくなったようだ。
ただ、ワタシの場合、このカメラが最初のカメラのようなものなので、他人のカメラを渡されてフィルム装填をまかされたとき、FT QL と同じ感覚でフィルムを装填したら、見事にフィルムが巻かれていないという大失敗をしてしまった(笑)。



また、ファインダー中央の12%の四角い部分では光をハーフミラーで測光素子(CdS)に送るため、その部分は少しだけ薄暗く見えるのだが、最初にこのカメラを使ったときは(距離計連動カメラのブライトフレームのような感覚で)そこが写る範囲だと思ってずいぶん余白をとった記念写真を撮ってしまった記憶がある(笑)。


ほかに細かなディテールとしては、セルフタイマー兼絞り込みレバーにはボディ同様の革張り(ビニールレザーだろうけど)が施されていて、当時のデザイナーのこだわりが感じられる。このパーツは FTb にも受け継がれるが、同時期に発売された F-1 では革張り処理が省略され、FTb-Nでも省略されている。





結局、オヤジよりもワタシが使っていた方が長かったような気がするのだが、ワタシが中学3年生になってキヤノン A-1→リンク) を買ってもらうことにより世代交代となる。A-1 を買ったのは、A-1の機能やかっこよさはもちろん、オヤジのキヤノンレンズが使えるからというのも大きかった。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン FTql


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ