使ったことないけど(笑)、超メジャーロングセラー6x6カメラ「マミヤ6」





前回からのフォールディングカメラつながりということで、今回は「マミヤ6」
ブローニー判(6x6)カメラで発売当初は爆発的ヒットをしたと聞いている。

このカメラは1940年(昭和15年)にファーストプロダクトが出荷されているようだが、その後1958年(昭和33年)まで改良が重ねられ、多くのバージョンが世に出ているようだ。ワタシの持っているものは 1955年(昭和30年)発売の比較的後期のモデル(マミヤシックス ? B型)のようだ(違ってたらゴメンナサイ)。

(ご参考)janruのサイト:中判・レンジファインダーカメラ(6x6cmカメラ・6x7cmカメラ)

携帯時はコンパクトながら、蓋を開けるとレンズが飛び出して撮影可能状態に。

レンズは「Olympus D.Zuiko F.C. 1:3.5 f=7.5cm」とある。シャッタースピードは1/500~1秒およびバルブで「SEIKOSHA-RAPID」。絞りはf3.5~22。



面白いのはピント合わせの方法で、カメラを持つ右手親指部分でノブを動かすと、レンズが動くのではなくフィルム面が動く仕組み(初代モデルより)。この方式のカメラはほとんどないけれど、コンタックスAXがこの方式でAFを可能にしていたような・・・。
距離計連動の二重像合致式ファインダーを備えている。

フィルム巻き上げとシャッターチャージを別々にしないとシャッターが切れないので、現代から考えると手間がかかるのだが、当時としては普通だったのかもしれない。


これも頂き物で、手に入れたのは1990年頃。以来、1度もまともな撮影をしていない(笑)。ファインダーやレンズにやや曇りがみられるけれど、シャッターなどの動作は正常。多分、撮ろうと思えばすぐにでも使えるカメラ。これぐらい古いカメラはかえって頑丈なのかも(笑)。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : マミヤ6


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ