スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンキュッパのベストセラー一眼レフ「リコーXR500」



これまた頂き物のフィルム一眼レフ「リコーXR500」

リコーのサイト:リコーカメラ全機種リスト > 1961-1980 リコーXR500

発売は1978年9月ということで、ワタシが父に買ってもらったキヤノン A-1→リンク) と同時期のもの。
当時、リケノン50mmF2レンズ付きで39,800円!という低価格を前面に押し出したテレビCMが話題になった。

低価格を実現するためにかなりスペックを削っていて、一番顕著なのがシャッタースピード。当時常識だった1/1000秒がなく、最高速は1/500秒。これがネーミングの由来となっている(後に最高速1/1000秒のXR1000SもF2レンズ付き46,300円で発売された)。さらに低速側は1/8秒どまり。通常装備されている 1/4秒、1/2秒、1秒までも省略されている。ただし、全速メカニカルシャッターなので、電池がなくても動くというのはアドバンテージと言える。


本体はダイキャスト製ながら、トップカバーはプラスチック。とはいえ、ワタシのA-1と似たようなものであり、個人的にはさほどチープ感を感じない。また、ペンタカバー周りのデザインがワタシ好み。

マウントはペンタックスKマウントで、当時普及していたペンタックスのレンズを使用することが可能。ちなみにワタシがもらったカメラに装着されていたのは、どういうわけか smc PENTAX-M 50mm F1.7 で、本来のセットレンズよりは少し高級(笑)。

ワタシの所有物はシャッターを切るとミラーが途中で止まってしまうものの、カメラを上下さかさまにして撮影するとミラーが完全に上がる(というか下がる?)ので、撮影自体は可能なようだ(笑)。
レンズはピントリング、絞り動作も問題なく、レンズの周辺部に少しカビが見られるけれど、十分使えるもの。マウントアダプターを使えばデジタル一眼でも使えるが、キヤノン FL/FD/New FD で50mmを4本ほど持っていて、同マウント用アダプターを持ってるので、Kマウント用アダプターをあえて買おうとは思わない(笑)。


ところで、ネットで本カメラに関するブログを発見。ワタシの記事よりも詳しくて面白いので、ご参考に。

【貧乏カメラ館】RICOH XR500


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : リコー XR500


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。