祝・25周年!  Adobe Illustrator、ワタシの場合



Adobe Illustrator が 25 周年ということで、これを記事にしてみる。ネタ不足の折り、分割したいのだけれど、個別のバージョンで語れるほどのレベルではない(爆)ので、丸ごと1エントリーで。

アドビのサイト:Adobe Illustrator 25周年 - ADOBE DESIGN MAGAZINE

Adobe Illstrator と言えば、ブロ御用達のデザインソフトだが、プロのデザイナーでないワタシが このソフトを購入したのはバージョン5.0Jから。記憶では、バージョン5.5J の無償アップグレードがついていたときに購入。

Photoshop はバージョン2.0から使用していて、自分にとって馴染みやすいソフトだったので、バージョンアップごとにその差を感じることができたのだけれど、Illstrator はなかなか難しくて、バージョンアップの良さをさほど感じないままアップグレードしていたのが実情(笑)。強いて言えば、Mac を新しく買い替えると、古いバージョンでは対応しないというケースもあり、Mac の買い替えがバージョンアップの動機になっていたように思う。
購入後、秋葉原のラオックス コンピュータ館のパソコン教室で、週末に使い方を習った記憶があるが、ベジェ曲線の書き方などは習字と同じで繰り返しの練習が必要。練習しなかったワタシは今でもヘタクソ(笑)。

とはいえ、ロゴや広告原稿を作ったりと、Illustrator はそれなりに活用してきた。また、Microsoft PowerPoint でのプレゼン用資料に Illustrator や Photoshop で加工した素材を活用することも多かった。




バージョン5.0
かなり豪華なパッケージで、プログラムディスクとしてフロッピーディスク3枚、Adobe Type Manager(ATM)J プログラムディスク 1枚、平成明朝体W3のインストーラーディスク1枚、ビットマップフォント1枚、アウトラインフォント7枚。さらに上記内容をカバーする CD-ROM が1枚。Adobe Type On Call 4.0 も付属。
ちょうどフロッピーとCD-ROMの端境期だったのだろう。
対応機種はモトローラ68020以上のプロセッサを搭載したMacintosh/Power Macintosh。OSは漢字Talk 7.1または7.5。3.5MB以上のアプリケーションメモリ(Power Macintosh の場合は5.5MB以上)。懐かしい名称ですなぁ。

バージョン5.0を購入して、すぐに無償アップグレードの5.5を使用し始めたので、実際にはほとんど使用経験なし(笑)。

バージョン5.0 以降でプレビュー画面での作業が可能となったのだけれど、これはマシンのパワーがアップした恩恵だろう。つまり、見たままの状態で編集ができるようになったということなのだが、3.0時代はアウトライン画面で編集をして、それをプレビューで確認するという切り替えをしていたのだろう。
ちなみにワタシはバージョン3.0を使ったことがないので、アウトライン画面での操作をほとんどしたことがない。




バージョン5.5
インストーラーディスクCD-ROM 1枚の他、フロッピーディスクでIllstrator プログラムインストーラーが4枚、ATM プログラムディスク2枚が同梱。Type On Call 4.1 も付属。

主な新機能としては、「文字組」と「詰め」だったようで。これは確かによく使う機能。

必須システムは68030またはそれ以上のプロセッサを搭載したMacintosh/Power Macintosh、漢字Talk 7.1または7.5。5MB以上のアプリケーションメモリ(Power Macintosh の場合は5.5MB以上)。




バージョン7.0
当時は正規版は綺麗な化粧箱、アップグレードバージョンは段ボール箱、という区別をしていたようだ。インストーラーはCD-ROM。ほかにAdobe Type Library、Type On Call 4.1 の CD-ROM が同根。バージョン 7.0に不具合があったので、すぐに7.0.1のCD-ROMが送られてきた。

必須システムは68030またはそれ以上のプロセッサを搭載したMacintosh(Power Macintosh を含む)、漢字Talk7.5または7.6J。10MB以上のアプリケーションメモリ。




バージョン8.0
アップグレード版でも化粧箱になった。アップグレード版は当時店頭に置いていなくて、アドビと直接やり取りして入手していたように記憶している。アドビから送られてきた宅配便を開けると、化粧箱が綺麗でビックリした記憶がある。

インストーラー、ツアー&トレーニングCD-ROMにAdobe Type Library CD-ROMが付属。

機能的には「グラデーションメッシュ」が目玉か。ワタシは使いこなせていないけれど(笑)。「透明効果」は結構使う。

必須システムはPower Macintosh、漢字Talk7.5またはMac OS 8。20MB以上のアプリケーションメモリ。



バージョン9.0
たぶんこのバージョンから販売店で正規版とアップグレード版が並べて置かれるようになったように思う。この方針の変更は、アドビ本社の発送手続きの手間の解消という意味もあるだろうし、ソフト販売店が正規版だけでなくアップグレード版でも儲けたいという、利害の一致があったのだと思う。

本製品のパッケージを久しぶりに開けてみたら、9.0のCD-ROMと9.0.2のCD-ROMが入っていた。たぶん9.0に不具合があり、すぐにバグフィックス版が送られてきたのだろう。

本バージョンの新機能「アピアランス」は結構活用する機能で、今でも使用している。「フィルター」と違って、パラメーターの設定を後から変えられるのが便利。

必須システムはPower Macintosh、Mac OS 8.5、8.6、9.0日本語版。64MB以上のRAM。




バージョン10.0
Mac OS X に対応したのが一番のウリだったような気がする。あと、Open Type にも対応。
機能面ではよりWebに対応。ワタシとしてはさほど恩恵を感じなかったけれど(笑)。「データ駆動型グラフィックス」。よーわからん(笑)。ほかに「シンボル/シンボル機能ツール」や「ライブディストーション」。これまたいずれも使わない(笑)。

必須システムはPower PC G3、G4、またはG4デュアルプロセッサ、Mac OS 9.1、9.2またはMac OS X 10.1日本語版。128MB以上のRAM。




バージョン11.0(CS)
これまでの『ヴィーナスの誕生』のイラストから花のデザインになったのが残念。ちなみに Photoshop も CS から目玉のデザインを止め、鳥の羽に変更。

必須システムはPower PC G3、G4、G5プロセッサ、Mac OS 10.2.4~10.2.7日本語版。192MB以上のRAM。

主な新機能としては「3D効果」。全然使わなかったけれど(笑)。あと、Open Typeのフルサポート。異体字を表示するのが便利で、たまに使うことがある。




バージョン12.0(CS2)
「ライブトレース」「ライブペイント」「コントロールパレット」あたりが目玉の新機能。

必須システムはPower PC G3、G4、G5プロセッサ、Mac OS 10.2.8~10.4。256MB以上のRAM。

同梱物は2枚組のインストーラーCD-ROMとアテイン株式会社の『Adobe Illustrator CS2 ビデオワークショップ』CD-ROM、ユーザーガイド。ビデオワークショップCD-ROMもユーザーガイドも開梱した形跡ナシ(笑)。





ワタシが単体ソフトとして Illstrator を購入(アップグレード)したのはCS2まで。その後はWeb Premium CS3CS4CS5とバージョンアップ。CS6がすでにリリースされているけれど、バージョンアップの予定は今のところナシ。
ちなみにWindows版では Web Premium CS を購入したものの、それ以降アップグレードしていない。



ところで。Adobeは今や画像処理、DTP、WEBサイト制作、動画編集といったプロユースソフトのメーカーとして揺るがない地位を築いているけれど、以前は競合メーカーもあった。

Illstrator の競合ソフトとしてはアルダス社『フリーハンド』があった。アルダス社にはほかにDTPのスタートとなる『ページメーカー』もあったが、アドビ社に買収され、アドビ・ページメーカーとして発売されることになる。一方、『フリーハンド』はマクロメディア社に売却されて、マクロメディア・フリーハンドとして発売されることになるが、アドビ社がマクロメディア社を買収することで、フリーハンドの販売は終了することになる。

マクロメディア社は他に『フラッシュ』『ドリーム・ウィーバー』という大物ソフトを持っていたが、アドビ社に買収されることになり、アドビ社はこの手の分野のソフトでは独占状態となってしまった。
だから、CS6へのバージョンアップに際し、1バージョン前からのみしか認めない(以前は3バージョン前までOK)という暴挙に出た。競合がなくなるとこれだからイヤだ。

祝・25周年と言いながら、最後はグチになってしまいました(笑)。




スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ

tag : Adobe Illustrator


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ