AE、AF、AW(オートワインド)を実現した全自動カメラ/ポラロイドSX-70ソナー・オートフォーカスモデル2



 



今やフィルム1本(10枚撮り)で3,000円となり、このフィルムで撮影するのは最高に贅沢なことになってしまったポラロイドカメラ(笑)。
今回紹介するのは SX-70ソナー・オートフォーカスモデル2。モデル1(?)があったのかどうかは知らないし、その違いもわからない。

 


ワタシが入手したときには革張り(合成皮革)がしてあったのだけれど、保存状態が悪く、最近とりだしてみたらバリバリにひび割れていたので、全部剥がすことに。接着剤跡が残っていて見苦しい(笑)。

ポラロイドといえば初代 SX-70(1972年発売)がその独特な構造で世界をあっと言わせたようだが、それにソナー・オートフォーカス(超音波自動焦点)機構を付け足した SX-70 ソナー・オートフォーカスは、AE(オートエクスポージャー/自動露出)、AF(オートフォーカス/自動焦点)、AW(オートワインド/自動巻き上げ)を実現した画期的な一眼レフカメラ。特殊な形をしているが、形式上は一眼レフである。また実際には、フラッシュバーや専用ストロボを使用した場合のストロボ撮影も自動露出となる。

当時、世界初のAFを実現したのが1977年発売のコンパクトカメラ/コニカC35AF(愛称:ジャスピンコニカ)。ただ、このカメラではフィルム巻き上げが手動だった。
また、一眼レフではオリンパス OM-2(1975年)、キヤノンAE-1(1976年)など、AEカメラは各社から発売されていたが、AFを実現したものはまだなかった。
そのような状況で発表されたこのカメラこそ、初の全自動カメラと言えなくもない(が、実際はどうなのだろう)。

ちなみにこのカメラのAF 方式は名前のとおり、ソナー(超音波)を使う。レンズ上部に設けられたトランスデューサー(静電変換器)から超音波(60、57、53、50KHz)を発射し、被写体に当たって戻る超音波を同じトランスデューサーで受信、超音波の戻る時間によって距離を測るという、ポラロイド独自のもの。本製品以降、多くのポラロイドカメラに採用されている。
このカメラにおいては最短撮影距離26cmから無限遠までを128段階に調整している。
ただし、ガラス越しの撮影では、超音波がガラスに反射して戻ってくるのでピントが合わないという欠点がある。とはいえ、本カメラは一眼レフでマニュアルフォーカスも可能だから、ファインダーを見ながらピントを合わせることもできる。


ポラロイド社はその後、1981年に「600サンシステム」を発表し、ISO600のフィルムとストロボ内蔵カメラを発表、さらに1983年には SX-70 ソナー・オートフォーカスの後継機種となる SLR680を発売、ストロボ内蔵となる。
初代 SX-70と比べると、トランスデューサー、ストロボの2段重ねとなり、背が伸びて不格好になってしまった(笑)。



スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : ポラロイド SX-70 ソナーオートフォーカス


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ