ロンドン五輪でキヤノン EF200-400mm F4L IS 1.4x が!!



みなさんロンドン五輪に熱中されていると思うけれど、ワタシも例に漏れずTV観戦しておりマス。

選手のプレーの後ろでプロカメラマンがでかいレンズで選手を追っている姿もチラチラTVに映るけれど、まだ正式発表されていないキヤノン EF200-400mm F4L IS USM Extender 1.4x を使用しているカメラマンの姿が!! なお、上の写真はCanon Rumorsからの引用でゴザイマス(→リンク)。

新ヨンニッパも数多く見かけるけれど、それよりもやや細身の鏡筒なので、注意深く見たら根元部分がエクステンダー退避用のコブがあり、間違いないだろう。少なくとも、サッカー、卓球、柔道の会場で見ることができた。


本レンズは開発発表がCP+2011の直前、またCP+2012 では実機を手にすることができたことから、発売は間もないと思っていたものの、オリンピックには間に合わなかった。とはいえ、何人かのプロがオリンピックで使用しているということは、性能的にも十分なクオリティのものに仕上がったのだろう。大量生産するようなレンズではないから、世界中のトッププロにまず提供して、ある程度数ができるメドが立ったところで正式発売というところか。
オリンピックの写真やプロのコメントをもらえれば、発売時には本レンズのいい広告となるだろう。本レンズを提供(レンタル?)されたプロにしてみれば、正式発表前のレンズを大舞台で使わせてもらえたのだから、キヤノンに対する忠誠心も高まるだろう。


9月にはフォトキナが開催されるので、それまでには正式発表されるのだろうけれど、100万円前後にはなると予想。一般アマチュアにはなかなか手が届かないレンズになると思うが、CP+2012で実際にこのレンズを装着したカメラを覗いてみたところ、かなりクリアーだったので、画質については間違いないだろうし、そうでなければユーザーは許さないだろう。


現在、新ヨンニッパの評価が高いけれど、カメラの高感度化が進む中、撮影場所が制限される報道・スポーツの分野では少し暗くてもズームのほうが便利なのは明白。今後は本レンズが同分野で普及していくのかもしれない。

まぁ、ワタシはシグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM で十分デス。全体に焦点距離が短いから使い回しが利くし、1.4x、2.0xのテレコンも使えるしということで。


関連エントリー:
CP+2012 レポート(その3)ワタシの注目レンズは・・・
「キヤノン、"EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×" 開発発表」について
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン EF200-400mmF4L


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ