キヤノン EOS-1Ds Mark III + シグマ 12-24mm F4.5-5.6( I 型)の画質をチェック




先般、EF16-35mm F2.8L USM( I 型)の画質をチェック(→リンク)して愕然としてしまったので、他のレンズでもチェックしてみた。まずはシグマ 12-24mm F4.5-5.6 EX DG HSM

いずれもキヤノン EOS-1Ds Mark III 、ISO400、絞り優先AE、レンズの焦点距離は12mm。左上以外の画像はクリックするとピクセル等倍からの切り出し画像を表示。


F4.5

 

 






F5.6

 

 






F8

 

 






F11

 

 






F16

 

 





こうして見ると、周辺光量の低下は絞りを絞るごとに改善するのは明らかに見て取れるが、周辺での画質は開放からそこそこ良く、絞ってもさほど変わらない。回折による小絞りボケもあまり目立たない(というか、開放から微妙に甘いように感じる)。
なお、開放では高輝度部分の周辺にオレンジの色ズレが見られる。これは絞るに従って減少する。

そんなワケで、どの絞りを使ってもとりあえず安心して使えるというカンジ。開放F値が暗いので室内スポーツなどでは使えないけれど、EF16-35mm F2.8L USM( I 型)に比べると、周辺画質は非常に安定しているというのが結論。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン 12-24mm


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ