スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使ったことはないけれど・・・(笑)。頂き物のミノルタSRT101


またまた頂き物のカメラ。1966年発売のミノルタSRT101。当時の価格は32,600円。付いているレンズはMCロッコールPF 55mm F1.7。ミノルタ初の開放測光一眼レフで、しかも世界初のマルチパターン測光のニコンFA(1983年)に先駆けること17年、二分割測光(CLC(Contrast Light Compensator)方式)を採用しているらしい。

株式会社ケンコー・トキナーミノルタの歩み 1966 | コニカミノルタ製品アフターサービス


軍艦部は非常にシンプル。左からフィルム巻き戻しレバー、ペンタプリズム&アクセサリーシュー、シャッターダイヤル兼ASA感度設定ダイヤル、シャッターボタン&巻き上げレバー、フィルムカウンター。
裏蓋にはASA/DIN(ドイツ工業規格)ダイヤルがあるが、これは入れたフィルムがどの感度なのかの覚えのようなもので、測光システムとの連動性はない。
ビックリしたのがASA感度の範囲。6から6400まであり、当時としてはかなりのワイドレンジだったのではないだろうか。

シャッタースピードは1/1000秒から1秒・バルブ、X接点は1/60秒と標準的。布幕横走りシャッター。巻き上げは逆巻き(巻き上げレバーとは反対側にスプールが回る)。

ファインダーを覗くと下側にシャッタースピードが並び、シャッターダイヤルを回すと設定されたシャッタースピードに指標が動く。ワタシが最初にいじったオヤジの一眼レフ/キヤノンFT QL (→リンク)にはそんなものがなかったので、かなり贅沢仕様だったのでは? また、ファインダー右横には露出指標があり、絞りを動かすと丸い指標が連動して動き、明るさに応じて別の針が振れるのでそれを一致させるシャッタースピードにすると露出が合うという寸法。


エプロン部にはミラーアップレバー、セルフタイマー、絞り込みレバー。


反対側にはシンクロ接点(FPとX)がある。


カメラマウント部分にはピンの付いた輪っかがあり、レンズのツメが引っかかってこれがファインダーの丸い指標を動かす仕組みのようだ。

レンズのピントリングはゴムではなく、金属製ローレット。当時としては当たり前の仕様だが、今ではほとんどのメーカーがゴムを使用している。残念ながら、若干の繰り出しムラがある。
そもそも、装着されたフィルターの一部がへこみ、レンズから外せなくなっているので、品質をとやかく言うようなレベルではない。また、絞り羽根が粘って絞り込めず、実質、開放でしか使うことができない(もっとも使ったことはないけれど。笑)。


なおカメラの方は、電池切れしている測光関係はわからないものの、その他の部分は正常に動くようだ。

ま、ワタシはフィルムカメラでの撮影という今では贅沢な趣味(笑)は止めてしまったので、今後もこのカメラを使うことはないだろう。


ご参考サイト:==赤城耕一 「アカギカメラ」第15回 ミノルタSR-T101==

 

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : ミノルタ SRT101


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。