『CAPA』2012年09月号

CAPA (キャパ) 2012年 09月号 [雑誌]CAPA (キャパ) 2012年 09月号 [雑誌]
(2012/08/20)
不明

商品詳細を見る


『CAPA』2012年09月号


表紙&裏表紙のモデルは広瀬アリスさん。


「開幕!! EOS新時代 EOS M の登場でイオスは次のステップに!!」
28ページの超大特集。
扉ページではEOS M 発表会のときのガッキー(新垣結衣)妻夫木聡の写真を使っていて、華やか(個人的にガッキー押し。笑)。
小澤太一氏による『Mと一日』は余白を十分使ったレイアウトでいいカンジ。写真そのものがいいかどうかは別にして(笑)。
機能面に関する説明は他誌と差をつけづらい部分で面白みに欠けるが仕方なし。
非常に興味深く秀逸だったのが「EOS M への系譜」。1936年のハンザ・キヤノンに始まり、キヤノネット、AF35M(オートボーイ)、T50、T80、EOS Kiss、IXY、PowerShot 600、EOS Kiss Digital など、普及カメラの系譜を紹介している。フラッグシップモデルの系譜はありがちな企画だが、普及カメラの系譜を概観する企画はなかなかなかったのではないか? 続いてキヤノンの歴代マウント(Jマウント、ライカLマウント、Rマウント、FLマウント、FDマウント、NewFDマウント、EFマウント、EF-Sマウント、EF-Mマウント)を紹介しているところも秀逸。Jマウントなんて知らんかった(笑)。


「“瞬美”の祭典! ロンドンオリンピックベストショット集」
8月5日までに撮影された写真からベストショットをピックアップ。なのだが、ワタシ的に気に入ったのは卓球の福原愛がサービスでボールを高く上げた時のショットのみ。ほかは面白みなし。表彰台でメダルを持ってニッコリなんて写真はさんざんTVで見飽きているので、写真ならではの一瞬を見せて欲しかった。


「広角単焦点レンズで捉える夏祭りの色彩美」
手っ取り早く言えば、キヤノン EF24mm F2.8 IS USM EF28mm F2.8 IS USM の記事広告(笑)。
撮影では24mmには 5D Mark III、28mmには7D(35mm判換算44.8mm)で撮影。24mmと28mmの微妙な焦点距離の差を味わうというような企画ではない(笑)。
画質的に文句はないものの、開放F値が2.8であることを考えると、割高な価格設定(希望小売価格/24mm:80,000円、28mm:76,000円)なので、売れるんだかどうか・・・。
F2Lだったら10万円ぐらいでも結構売れそうだけれど、キヤノンはどう考えているのか???


「TEKKEN!! 第30回フォトコン入選者発表」
1席の『ゆめうつつ』(松尾美香氏)の作品がスバラシイ。鉄道写真でSLと桜や菜の花の組み合わせはよく見るが、本作品は新幹線とコスモス。画面全体がマゼンタ色のトーンになっていて美しい。



『CAPA』9月号はこんなところで。



スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : CAPA


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ