EOS-1D X の ISO オート設定でレンズ選択の幅を増やす。



8月28日から9月3日までの7日間、ワタシはバドミントンがらみのとあるイベント記録の仕事をいただいて、撮影している。

これまでのところ、バドミントンの本格的なゲームがまだなく、イベントの進行記録撮影が中心なので、スポーツ仕様の明るい望遠レンズではなく、超広角ズームと高倍率ズーム、それに保険として明るい標準ズームをセレクト。具体的には、

キヤノン EOS-1Ds Mark III
キヤノン EOS-1D Mark IV
キヤノン EOS-1D X
キヤノン スピードライト 580 EX II
シグマ 12-24mm F4.5-5.6 EX DG HSM
タムロン SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD
タムロン AF 28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical [IF] MACRO
(カメラが3台もあるのは、入荷の問題で1DX を東京で購入できるかどうかわからなかったため、1Ds3を用意してきたから)

今回、初めて ISOオートでの設定で撮影。1/125〜1/250秒でのシャッタースピード優先AEにしておけば、あとはカメラが勝手に感度を選んでくれる。1DXでは最大ISO25600までに設定。写真を大伸ばしするなど、画像クオリティが必要な場合はきめ細やかに感度設定をしなければならないが、そうでなければ ISOオートは実に便利。便利すぎてバカになりそうだ(笑)。
感度の上限に余裕があるため、レンズも暗い代わりに超広角や高倍率ズームが使える。12mmから300mm(1D4:x1.3倍)までをカバーでき、レンズ交換の手間もなく、便利だ。
また、暗くてもストロボを光らせずに撮ることができるので、奥行きがあってストロボ光が均等に回らないときや反射物があるときなど、自然光だけで撮れて便利。

もちろん、会期後半の本格的なゲームでは、サンニッパズームを使う予定。今回は機材がたくさんで大変デス(笑)。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン EOS-1DX


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ