1DX と328ズームでバドミントン撮影



撮影のお仕事が続いている。

これまではイベント進行記録的なことが主体だったので、12-24mmと28-300mmの2本で簡単に済ませてきたが、9月1日はバドミントンの親善試合ということで、レンズを変更。
● キヤノン EF16-35mm F2.8L USM
● タムロン SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD
● シグマ 120-300mm F2.8 EX DG HSM
● シグマ アポテレコンバーター 1.4x EX DG
● シグマ アポテレコンバーター 2x EX DG

328ズームは1.4xテレコンを使用して2階から撮影。露出はアリーナ中央で ISO6400、1/1000秒、F4、アリーナ端コートを外から撮影する場合はISO12800といったところ。
本当は2xテレコンも使用したかったのだが、ISO感度をこれ以上上げたくなかったのでやめた。

1DXの測距エリア選択モードは領域拡大AF(任意選択)周辺8点で使用した。2階からの撮影ではフレーミング上、選手を真正面で捉えることがほとんどないので、横位置撮影の場合はいいものの、縦位置撮影時はAFポイントの幅が狭く、使いづらさを感じた。

1階アリーナでの撮影では、常識的な撮影では 24-70mm F2.8 が主役となるが、1本で済ませるなら24-105mm F4のほうが使い勝手がいいかも。よほどの意図がない限り、120-300mmは長過ぎる。ほとんど広角端での使用となってしまい、使いづらい。また、近距離でのAFは速いとはいえないので、注意して使用する必要がある。


とりあえず、こんな感じデス。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン EOS-1DX シグマ 120-300mm


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ