EOS-1D X のバッテリー




8月28日から9月3日まで、とあるスポーツイベントの進行記録カメラマンの大役をいただき、撮影させていただいた。

撮影枚数は次の通り。


1DX:
8月28日:448枚
8月29日:723枚
8月30日:180枚
8月31日:206枚
9月01日:1,948枚
9月02日:1,804枚
9月03日:241枚
合計:5,550枚

1D4
8月28日:0枚
8月29日:204枚
8月30日:180枚
8月31日:533枚
9月01日:1,333枚
9月02日:827枚
9月03日:85枚
合計:3,863枚

総合計:9,413枚


結構撮影したものだ。9月1日/2日はバドミントンの本格的なゲームだったので撮影枚数が極端に多い。
8月28日は1DXと1Ds3を用意したのだが、1Ds3は高感度に弱いので使い物にならず、使わなかった(笑)。

ちなみに1DXのカタログを見てみると、1D4のシャッター耐久性が30万回に対して1DXは40万回。フィルムカメラの F-1(古い!) が10万回だったことを考えると、ずいぶんな進歩だ。1D4が秒10コマで30万回なのに、1DXは秒12コマで40万回を達成しているのにはビックリ。ただ、コマ数が上がっている分(20%アップ)、耐久性は33%アップなので、が使える期間は同じか気持ち伸びる程度かも(笑)。


ところで、1DXのバッテリーはLP-E4Nというものが標準だが、従来機種用のLP-E4と形状は全く同じで、実際に使用することができる。
ワタシが5D3でなく1DXを購入することに決めた理由は、 1.高速シャッター、2.「EOS-1」のブランド(笑)、そして 3.共用バッテリーだ。LP-E4は予備に2個用意しているので、それが無駄にならずに済む。5D3を購入していたら、それ用の予備バッテリーを追加購入する必要があった。

スペック表を見てみると、LP-E4が2300mAhなのに対し、LP-E4Nは2450mAhとアップしている。アップした分、たくさん撮れるはずだが、実際のところ、1Ds3が1,800枚(電池:LP-E4)、1D4が1,300枚(電池:LP-E4)に対し、1DXは1,120枚(電池:LP-E4N)と減っている(いずれもカタログ値)。つまり、1DXはかなり電池食いなカメラということだ。

実際、9月1日/2日の撮影ではバッテリー容量表示が半分まで減ってちょっと心配した。一応電池1個だけで撮り終えることができたのだけれど。もちろん予備バッテリーは用意していたが、1D4や1Ds3では1日撮影してバッテリー残量がほとんど減ることがなかっただけに、今後、予備バッテリーの準備は必須になるだろう。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン EOS-1DX


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ