挙動不審のタムロン AF 28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical [IF] MACRO

普段、暗めのレンズはあまり使わないのだが、イベント記録では便利な高倍率ズームのタムロン AF 28-300mm F/3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical [IF] MACRO

このレンズの特長は28-300mmの高倍率ズームながら手ぶれ補正機構を内蔵しており、キヤノンユーザーとしては純正の EF 28-300mm F3.5-5.6L IS USM かこのレンズしか選択肢はない。
ワタシは以前、EF 28-300mm F3.5-5.6L IS USM を使用していたのだが、特別画質が良いとも思えず、でかいことから、これを売って代わりにタムロンの方を購入。タムロンの方は画質が特別良いとも思えないけれど、とりあえず1本で広角から望遠までカバーしながら、キヤノンに比べて大幅にコンパクトなのが最大の特長。

そんなわけで、先日のバドミントンがらみのイベントでも使用したのだが・・・。

タムロンのこのレンズはVC(Vibration Compensation)機構を内蔵しており、シャッターボタンを半押しするとファインダー像のブレがぴたっと止まるのだが、どういうわけかシャッターを切ると画像がぶれている。スローシャッターでのブレなら納得もするのだが、1/1000秒など、手ぶれ補正機構なしでもぶれない速度でもかえってぶれているようだ。
また、連写でもしようものなら、2枚目以降のファインダー像のブレがひどく、当然、写る画像も期待できない。

そんなわけで、くだんのイベントの撮影でも2、3枚VCで撮影した後は、VCオフで撮影。つまりは自分の能力で手ぶれしないよう注意しながらの撮影。望遠でややスローなシャッタースピードのときは気を使った。

この症状は EOS-1D X だけでなく、前機種 EOS-1Ds Mark III でも同様の症状が出ていたので、レンズの問題だと思う。もちろん、全てのこのレンズが同じかどうかはわからないが、すくなくともワタシの購入したレンズに関しては欠陥品ということだ。

ひょっとしたら、修理に出せば直るのかもしれないが、それよりもタムロンは USDまたはPZDバージョンの新機種を出さないだろうか? シグマが同様のスペックのレンズを出してくれてもいい(キヤノンにはさほど期待していない。爆)。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ