「キヤノン、35mmフルサイズ小型軽量モデル「EOS 6D」」について



EOS M の発表だけで終わるのかと思ったら、発表されましたね、EOS 6D

デジカメWatchの記事: キヤノン、35mmフルサイズ小型軽量モデル「EOS 6D」

キヤノンのリリース: 35mmフルサイズセンサー搭載機で世界最軽量 EOS初の無線LAN・GPS機能を内蔵した“EOS 6D”を発売

デジカメWatchの記事では 5D Mark III との比較がされていたが、ワタシとしては 5D Mark II と比較するのが自然かと。

基本スペックを見ると、5D Mark II とあまり変わらないものの、重量が130g軽くなっているところが目立つ。
常用ISO感度も25600(最高102400)までアップしていて、暗所での撮影には有利だ。
連写速度も秒3.9コマから秒4.5コマにアップ。

EOS 6Dの目玉はEOS 初のWi-Fi対応無線LAN機能とGPS機能を内蔵か。特にWi-Fi対応によってスマートフォンアプリ「EOS Remote」が使えるようになるところが大注目。

キヤノンのサイト:EOS Remote (for iOS/for Android)

ライブビュー画像をスマートフォンで見ることができるので、今後ホットシューにスマホを固定するアクセサリーが発売されれば、バリアングル液晶モニターの代わりになる。
なによりも、アプリは無料だし、よけいな費用がかからないところがいい。

話が逸れるが、EOS-1D X にはワイヤレスファイルトランスミッターWFT-E6B というアクセサリーがあるが、これを使用して EOS Remote は使えないのかな? まぁ、6万円出して使おうとは思わないけれど(笑)。

9月18日時点でのマップカメラ価格では、EOS 6D(本体、以下同)が178,000円、EOS 5D Mark III が322,200円、EOS 5D Mark II が169,200円。EOS 5D Mark II を新品で買うのなら 6D を購入すべきか。ただ、EOS 5D Mark II は中古で10万円弱で手に入るので、新品にこだわらなければこちらもアリなのでは?
ワタシ的には買いたいとは思わない。むしろAPS-Cでバリアングル液晶モニター搭載の Kiss X6i のほうが気になる(笑)。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン EOS6D


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ