YONEX OPEN JAPAN 2012 撮影後記



9月22日の準決勝で敗退し、引退となった潮田玲子選手。
試合後、会場からの暖かい声援に両手を上げて応えた。



9月18日の予選から23日の決勝戦まで、バドミントン国内唯一の世界大会、YONEX OPEN JAPAN 2012 を昨年に引き続きプレスとして撮影。

今回の撮影では、決勝戦では全選手を撮影、それ以前の対戦では日本人選手を全員撮影するというのが第1のミッション。さらに会場レポートもFacebook で紹介することが第2のミッション。

撮影機材として用意したのは次の通り。
キヤノン EOS-1D X
キヤノン EOS-1D Mark IV
キヤノン EF 16-35mm F2.8L USM
タムロン SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD
シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG OS HSM
シグマ APO Tele Converter 1.4x EX DG
シグマ APO Tele Converter 2x EX DG
キヤノン スピードライト 580 EX II
キヤノン コンパクトバッテリーパック CP-E4
キヤノン バッテリーマガジン CPM-E4
パナソニック LUMIX DMC-TZ7

その他、CFカード、SDカード、バッテリーチャージャーなども用意。

パソコン系は
アップル MacBook Pro
バッファロー MiniStation 3.0 1TB
USB3.0 カードリーダー

今回、間抜けなことに CalDigit Express Card USB3.0 を忘れてしまったために、データのコピーはUSB2.0経由でコピーすることになった。まぁ、AC電源アダプターを忘れるよりはマシ(笑)。
実際には撮影の合間にプレスルームに戻ってデータをコピー開始して、また撮影に戻ることの繰り返し。Adobe Bridge がデータを読み込むのに時間がかかるので、このやり方が便利。

実際の撮影では、最初の2日間はカメラ2台、レンズも16-35mm、24-70mm、120-300mm(+テレコン2本)の3本体勢で撮影していたのだが、3日目以降カメラは EOS-1D Xのみにして、レンズも16-35mmを外してシンプルな構成で撮影。昨年の東京体育館ではかなりコートに近いところで撮影できたのだが、今回の代々木第一体育館ではコートからほんの少しだが昨年よりも離れて撮影することになり、16-35mm は使う意味がなくなってしまったことが要因。
一応、もしものために毎日会場には持ち込んでいたけれど、16-35mm を使ったのは準決勝が始まる前の会場の大行列を撮影した数枚のみ(笑)。

1階通路(アリーナから見ると2階)からの撮影では120-300mmに2xテレコンで撮影。1DX のAFセンサーは横幅は広いものの縦方向は狭いため、縦位置撮影するとき、選手がフレーミングの中央から外れると当然ピントが外れてしまう。この点では1D4の方がAFエリアのカバー率が高く便利(AF精度そのものはまた別問題)。画角も1.3倍になるし。

アリーナでは24-70mmを中心に120-300mmも使用。撮影エリアがコートから少しだけ離れたので、120-300mmも選手のアップを狙うのに活躍。ただし、選手が動いているときはピントの歩留まり悪し。
24-70mm は望遠側がちょっと足りず、120-300mとの組み合わせでは70mmから120mmの間がカバーできない。24-105mmのほうが焦点距離としては便利だが、1絞り分暗くなる。
ちなみに代々木第一体育館での露出は ISO 6400、1/1000秒、f2.8を基準とした。

AFはゾーンAF。マルチコントローラーでAFエリアを右端から左端に移動させるのに2回の操作だけでできるのが便利。本当は逆側に1度操作すれば1回の操作だけで済むような設定にできればさらに便利なのだが。
実感として1D4よりもAF合焦率は上がっていると実感して入るものの、ピントが奥に外れるケースはやはりよくある。

決勝戦では対戦ごとに表彰式を行ったが、このときはストロボも使用。昨年はストロボを使用しなかったが、表彰台回りの赤いカーペットが選手の顔に反射して、Photoshop でも補正しきれなかったから。ワタシは補助光的な設定にしたので赤みは完全には抜け切れていないものの、そこそこ見られる結果となった。
このときに限っては、広角で撮影するときと望遠で撮影するときが交互にあったため、レンズ交換の時間がもったいない。カメラを2台にするか、高倍率ズームを用意する貸しておくべきだった。

今回、撮影した枚数は次の通り。
9月18日(予選)  :1,869枚
9月19日(1回戦) :6,009枚
9月20日(2回戦) :4,376枚
9月21日(準々決勝):4,976枚
9月22日(準決勝) :3,314枚
9月23日(決勝)  :3,853枚 合計:24,397枚
アホみたいに撮りまくってますなぁ(笑)。40万回のシャッター耐久性も遥か先のことではないなぁ。


ところで、今回撮影した写真は Facebookのアカウントをお持ちであれば、つぎのサイトでご覧いただける。お暇な方はぜひご覧クダサイ。

Facebook:バドミントン情報 SMASH and NET

日によるが、朝9時から夜8時すぎまで撮影し、その後プレスルームあるいはホテルに戻って写真セレクト、画像修正などしてサイトにアップの繰り返しで、毎日3〜4時間睡眠が続いた。かなりグッタリ(笑)。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : バドミントン キヤノン EOS-1D


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ