『カメラマン』2012年10月号

カメラマン 2012年 10月号 [雑誌]カメラマン 2012年 10月号 [雑誌]
(2012/09/20)
不明

商品詳細を見る


『カメラマン』2012年10月号


表紙&「倉繁利の女優びより」のモデルは菜々緒サン。菜々緒サンって女優だっけ?(笑)。撮影日記によれば、『主に泣いています』で女優初体験だったそーで。


「New Product Review 2012 大秋穫祭」
フォトキナに合わせて発表された機種を紹介しているのは当然ながら、「フルサイズ一眼総まとめ」とまとめているのが特徴。ライカは入っていないけど(笑)。


「写真とカメラ「正味な話」100万人の疑問を徹底検証」
“100万人” にどの程度信憑性があるのか疑問ではあるが(爆)、カメラマニアの素朴な疑問に回答。
「ロンドン五輪でのキヤノンvsニコンのシェア争い、どちらが優勢だったのか?」
「35mmフルサイズセンサーこそ最強って、本当?」
「A4プリントでは3600万画素でも600万画素でも違いはないって本当?」
「SDカードはどこまで無謀な扱いに耐えられるの?」
参考になる記事から、笑って読み飛ばすものまで、玉石混淆(笑)。


「パンケーキレンズを召し上がれ」
ここで取り上がられているのは
キヤノン EF 40mm F2.8 STM
ニコン 1 NIKKOR 10mm F2.8
ペンタックス DA 40mm F2.8 Limited
ソニー E 16mm F2.8
オリンパス M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
パナソニック LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.
評価方法は各社の標準ズームとの実写比較。
解像感&シャープネス、逆光耐性、歪曲収差、周辺光量、コストパフォーマンスの5項目で評価。
レンズ補正をOFFにして比較しているのは疑問だけれど。
評価の高かったのがペンタックス、キヤノン。がっかりだったのがソニー。あとはその中間という結果。


「プロが薦める使える設定&意外な設定 おすすめセッティング!!」
キヤノン、ニコンを始め、ソニー、オリンパス、ペンタックス、リコーのカメラについて、プロのセッティングを紹介。
サッカー、野生動物、飛行機、ポートレート、風景など。
キヤノンの親指AFは基本的なセッティングだと思うが、それ以外に紹介されているセッティングについては人により異なるだろう。まぁ、ご参考に。


「どっちのレンズショー」。今回はキヤノン EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STM vs ライバルレンズ
ライバルレンズはキヤノン EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS とシグマキヤノン EF-S 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM。
結果はキヤノン新(STM)、キヤノン旧、シグマの順で、発売時期順ともいえるし、実売価格で大きな差のあるシグマには酷なテストであったと、テスターの諏訪光二氏。


「キミオの開発者 出てこいっ!」。今回は「キヤノン EOS M」
田中氏は EOS M への一般的な不満とは別に、同時発表されたパンケーキレンズ EF-M 22mm F2 STM に手ぶれ補正機構が搭載されていないことに不満を上げている。EOS M は初心者が使うことが予想されるので、氏のご指摘はごもっともでありマス。


『カメラマン』10月号はこんなところで。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : カメラマン


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ