祝! 1,500エントリー・・・とは関係なく『Badminton MAGAZINE』2012年11月号

今回、祝! 1,500エントリー ではありますが、とくに書くこともないのでいつも通りに(笑)。とはいえ、これまでお付き合いいただきましてありがとうございます。今後ともよろしくデス。
ちなみに初回エントリーは2005年5月26日(旧サイト)。現在はほぼ毎日更新だけれど、当時は月イチ更新だったりもしていたので、1,500エントリーまでに7年かかりマシタ。



Badminton MAGAZINE (バドミントン・マガジン) 2012年 11月号 [雑誌]Badminton MAGAZINE (バドミントン・マガジン) 2012年 11月号 [雑誌]
(2012/10/22)
不明

商品詳細を見る


さて、『Badminton MAGAZINE』2012年11月号
本号では全日本社会人、ヨネックスオープンジャパン、ぎふ清流国体と、ワタシも撮影している大会がレポートされているので、どんな写真が掲載されているかが一番の注目。


まずは巻頭カラーの「ヨネックスオープンジャパン」
トビラページは日本人でファイナリストとなった廣瀬栄理子選手と松尾静香&内藤真実ペア。
廣瀬選手はよくガッツポーズをするけれど、ワタシ的には2回戦で1ゲーム先行された三谷選手に逆転勝利したときの表情が一番よかった。
松尾&内藤ペアが準決勝で勝利を決めて抱き合ったときはワタシも撮影したが、普段笑顔をあまり見せない松尾選手が笑顔だったのが印象的。
そのほかの写真は特にコレというものはないものの、無難にまとめたという感じ。

「〔惜別特集〕潮田玲子」
ヨネックスオープンジャパン最終日の引退セレモニーの写真を掲載。
続いて中学、高校時代から07年世界選手権、08年北京五輪、同年全日本総合、11年全日本総合、12年ロンドン五輪の写真を掲載。また、YOJ終了後の本人のコメントや、ペアを組んだ小椋久美子さん、池田信太郎さんからのメッセージを掲載。高校時代に小椋久美子さんといっしょにピースサインをしている写真は、まさにピチピチの高校生!といった感じデス(笑)。

白黒ページでは、「トップ選手 とっておきコメント集」「トピックス」でワイドレポート。また、「波瀾万丈の6日間」では、中国勢の欠場、フジカキペア解散、パナソニックバドミントン部の休部などを取り上げている。

ただ、パナソニックバドミントン部の休部については、このことだけで単独の記事にして欲しかったところだ。ネットでの情報では、同社バドミントン部の運営費は年間1億円程度とのこと。同社は経営悪化で大量の社員解雇も行なっているわけだから、バドミントン部の休部という判断もわからなくはないのだが・・・。有力選手が揃っているだけに、他企業に引き取ってもらうとか、自主運営できるような仕組みを考えるとか、ないものか(シロウト部外者の無責任発言で申し訳ないのだが)。


「全日本社会人選手権」
当然主役は地元旭川出身のMS竹村純選手。プレー中の写真を大きく掲載、ガッツポーズの写真も小さく掲載しているが、やっぱり優勝を決めて観客席の応援団に応えるシーンを掲載して欲しかったところ。といっても、そのとき多くのカメラマンは観客席とは反対側に陣取っていて、いい写真が撮れなかったと思う。ワタシは試合終了間際に撮影ポジションを変更したので、いい写真がゲットできた。

SMASH & NET.TVのサイト:2012年09月12日【全日本社会人】大会結果&写真掲載

もちろん、MD、WS、WD、XDもレポートされているが、写真的にはまぁ無難なもののばかり。とはいえ、無難なものをそつなく漏れなく撮影しなければならないのがプロでございます。


「第67回 国民体育大会 ぎふ清流国体」
こちらの主役は地元/岐阜女子チームの後藤愛・脇田侑・江藤理恵の3人。優勝を決めて満員の観客席に向かって手を振って応えているところを広角レンズで撮影した写真がなんといってもヨイ。
ワタシも似たような写真を撮っているが、バドマガの写真の方がインパクトは大。負けました(笑)。

SMASH & NET.TVのサイト:2012年10月08日【ぎふ清流国体】 地元岐阜県・成年女子が優勝で涙

強いて勝っているところを挙げるなら、バドマガの方は脇田選手が左手だけ手を振っているが、ワタシの方は両手を上げているコト(爆)。
ちなみにバドマガの写真の方で、江藤選手と脇田選手の間の後ろの方で写っているカメラマンが実はワタシ(笑)。


「SHUTTLE AROUND THE WORLD」
中国マスターズとインドネシアオープンGPゴールドの結果をレポートしているのだけれど、使われている写真4点がいずれもYOJのものと思われる。写真を買ってでも実際の会場での写真を掲載して欲しいトコロ。


「関東大学&関西学生 秋季リーグが開催!」
関東と関西でそれぞれ会場が全く別なのだけれど、優勝した日体大女子と龍谷大女子は記念写真でいずれも部員の1人が中央手前で開脚Vポーズ! 日体大の方はジャージだったので正視できるけれど、龍谷大のほうは短パンだったのか(まさかスカートではないよなぁ。笑)、写真では腰から下がカットされている。編集者の理性に救われたかな?(爆)。オジョーサンたち! 優勝の気持ちを身体で表すのもいいけれど、限度はわきまえなさい!(笑)。


今月号でピックアップされた選手は・・・
竹村純(JR北海道)「court cruising それぞれの航海 23」
坂井一将(日本ユニシス)「恩師の記憶 Vol.18」
土井杏奈(ヨネックス)「CHECK POINT 挑戦者たちの素顔 Vol.67」
興味のある方はドーゾ。ワタシ的には竹村純選手の記事が興味深かった。ひたすら上を目指している・・・ワケではない姿勢がちょっと面白い。



『Badminton MAGAZINE』11月号はこんなところで。


スポンサーサイト

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

tag : バドミントン


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ