「キヤノンが EF24-70mm F4L IS USM と EF35mm F2 IS USM を正式発表」について

キヤノンが首題の2本のレンズを発表。大物レンズというよりは中物(笑)。 EF24-70mm F4L IS USM と EF35mm F2 IS USM。

デジカメWatchの記事:
キヤノン、ハイブリッドIS・マクロ機能搭載の「EF 24-70mm F4 L IS USM」
キヤノン、「EOS 6D」と「EF 24-70mm F4 L IS USM」のキット
キヤノン、22年ぶりにリニューアルした「EF 35mm F2 IS USM」



EF24-70mm F4L IS USM
開放F値を無理しないことでコンパクトにしたうえ、ハイブリッド IS とマクロ機構を備えた製品。レンズの最前面と最後面にはフッ素コーテング処理もしている。希望小売価格は16万1,700円。
選択肢としてはキヤノン純正でも EF 24-70mm F2.8L II USMEF 24-105mm F4L IS USM がすでに存在している。そんななか、EOS 6D のキットレンズとして安くて軽くコンパクトなレンズとして手頃なレンズのようだ。

ただ、焦点距離の範囲がより広い EF 24-105mm F4L IS USM の希望小売価格が152,250円と安く、価格の逆転現象が起きている。ハイブリッド IS とマクロ機構が特長とはいえ、ユーザーの評価はどうだろう。ワタシの好みとしては焦点距離の範囲の広い EF 24-105mm F4L IS USM をとるところだが、6Dとともに初めてフルサイズ用レンズを買うユーザーにとっては、マクロ機構を備えた EF24-70mm F4L IS USM のほうが実用的なのかもしれない。
まぁ、EF 24-105mm F4L IS USM がさっさと II 型になれば、当然希望小売価格も引き上げられるだろうから、そうなれば価格の整合性ができて、あまり悩むこともなくなるだろう(笑)。



もう1つの EF35mm F2 IS USM
すでに EF 24mm F2.8 IS USMEF 28mm F2.8 IS USM が発売されていて、これでIS付き広角レンズ3本が揃ったことになる。
ただ、いずれも「L」レンズではないため、防塵防滴処理は施されていない。買ってしまえば満足のいく性能なのだろうけれど、いずれも並単にしては高価。

どうせなら、防塵防滴処理を施した「L」レンズにすれば、10万円程度にアップしても買ってくれるのではないか。
一方、IS を外して EF 40mm F2.8 STM のようにパンケーキにすれば、こちらはこちらで売れるだろう。

そんなワケで、並単 IS 広角レンズをワタシはあまり評価しない。もう少し安ければナットクするのだけれど。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ