『神戸宿 昇竜の里めぐり』ウオーキングイベントで龍光寺の天井画『雲龍図』を撮影

首題のイベントに参加し、三重県鈴鹿市/龍光寺の50畳の特大天井画『雲龍図』を撮影してきた。

関連エントリー:2012.11.11 『神戸宿 昇龍の里めぐり』ウオーキングイベント

通常、ウォーキングイベントだと、軽いパナソニックのGH2を持ち出すところだが、今回のメインは室内の天井画であるため、高感度画質に優れたキヤノン EOS-1D X をチョイス。レンズはシグマ魚眼15mm F2.8 EX同12-24mm F4.5-5.6 EX DG HSM をチョイス。オマケでタムロン AF 28-300mm f/3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (A20)も用意した(が使用せず)。パナソニックに比べてずいぶんと重いシステムになってしまった(笑)。



まずは12-24mm
ISO Auto (12800)、1/250秒、f4.5
このレンズを持ってしても、『雲龍図』の全体を写すことができない(寝転べばなんとかなったかも)。



続いて魚眼15mm F2.8
ISO Auto (8000)、1/125秒、f5.6
絵の中央の位置から見上げると龍の頭が隅の方に小さく写ってしまうので、龍の頭が中央になるようなアングルで撮影。一応、端が切れることなく全てを写し取ることができた。
ただ、一つ上の写真もそうだが、人物が写ってないのでこの絵の大きさがわかりづらいのが難点。まだまだ甘いなぁ(笑)。



最後に iPhone でのパノラマ撮影。天井を見上げて平行移動して撮影したのだが、上下も切れているし、ガタガタだし、さらにしっぽが途切れてしまった(笑)。撮り直ししたかったけれど、時間がなく撮れなかった。


こんな感じデシタ。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン EOS-1D 15mm 12-24mm


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ