バドミントンシューズを新調! ヨネックス『パワークッション F1 MEN』



バドミントンシューズ/ヨネックス『パワークッション F1 MEN』を東京/新宿の Gallery 2 にて購入。希望小売価格の2割引で9,240円。
今まで履いていたシューズがボロボロになってきたから。2年半前に購入したミズノ『ウェーブゲート5』は人工皮革とメッシュ素材の縫い目部分が破れてきているし、昨年購入したアディダス『ADISTAR BADMINTON(G17186)』はほとんど傷んでいないものの鳩目部分のヒモが縫い目から切れて、鳩目の役を果たさなくなり、靴ひもをしっかり占めることができなくなっている。

過去のエントリー:
バドミントンシューズを買いました! ミズノ『ウェーブゲート5』
アディダスのバドミントンシューズ 『ADISTAR BADMINTON(G17186)』

ミズノ、アディダスに続いて3足目はシェアナンバーワンのヨネックスに。その中でも一番カッチョいいと思える『パワークッション F1 MEN』に。縫い目が少なくスッキリしたデザインが気に入った。機能面にこだわったわけではないけれど、ヨネックス史上最軽量のバドミントンシューズ(メンズ)だそうで。

本当は地元で購入しようと思ったのだけれど、あいにく近場の大型ショッピングセンターのスポーツ店には置いていなかった。取り寄せにしてサイズが微妙に違っていたらショックなので、在庫のあるところで試し履きして購入しようと。

そんな折り、東京出張があったので、空いた時間を利用して購入した。試し履きしたら、当初28.0cmのつもりだったが28.5cmがぴったりだった。やはり取り寄せにしないでよかった(笑)。
それにしても、28.5cmというのはデカイなぁ(笑)。普通、一般用男性用シューズは27.0cmまでしか在庫がないところが多いのが困りものだ。スポーツシューズは大きめまで置いているケースが多いが。



さて、このシューズ。

アッパー(甲材)素材はポリウレタンレザー+ダブルラッセルメッシュ+タフガードⅢ。ポリウレタンレザーはホワイトではなくパールホワイト。中足部分でポリウレタンレザーとダブルラッセルメッシュを縫い付けではなく接着しているところが新しい。
なお、足型は3Eでワタシの幅広足にはウレシイ。


アウトソールはラバー。ミッドソールは「ハイパーフェザーライト」+「パワークッション」+「パワーカーボン」+ソリッドE.V.A.。
アウトソールの内側とかかと部分には丸みがあり、自然な着地と蹴り出しのパワーロスを軽減するとのこと。
「ハイパーフェザーライト」は従来の「スーパーフェザーライト」をさらに10%軽量化したものだそーで。
「パワークッション」は着地時の衝撃を吸収し、そのエネルギーを次のフットワークに変換するクッション素材で、踏みつけ部とかかと部に使用。特にかかと部分は2種類の硬度からなる3層構造で、従来の「パワークッション」よりも衝撃吸収性が30%、反発性が5%向上したとのこと。


インソールはつま先から踏みつけ部分まで波型のデコボコになっていて、シューズの中で足がすべらないような設計か。普通、ソックスをはいてシューズを履くが、裸足で履いてみるとこのデコボコが気持ちイイ(笑)。


まだ東京出張中なので、実際にバドミントンで使用していないが、履くのが楽しみ。



Yonex(ヨネックス) パワークッションF1メンYonex(ヨネックス) パワークッションF1メン
()
YONEX(ヨネックス)

商品詳細を見る




スポンサーサイト

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

tag : ヨネックス パワークッションF1MEN


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ