Nikon D3Xの発表について

DATE: 12/03/2008 05:12:55(他ブログからの引っ越しです)

Photoshopシリーズはひとまず置いておいて・・・。

事前予想通り、12月1日にニコンからD3Xが発表された。
2,450万画素の35mmフルサイズセンサーを搭載し、予想価格90万円というニコンのフラッグシップモデルである。

アテネオリンピックがキヤノンのEOS-1D Mark II の独壇場だったところ、D3の投入によってこれまでキヤノンにシェアを取られ続けてきたニコンはようやく反撃の攻勢に出ることができ、北京オリンピックでは D3 の独壇場となった。常用ISO 6,400、感度拡張でISO 25,600は従来考えられない世界。もちろん、感度だけでなく、35mmフルサイズで撮影できるほか、DXレンズの場合はAPS-Cの画角でも撮影でき(5:4比率でも撮影可能)、FX時で秒9コマ/DX時で秒11コマの連写性能など、まさにスポーツにうってつけのカメラだ。

とはいえ、D3は1,200万画素で、大伸ばしには少々物足りない。キヤノンにはEOS-1Ds Mark III があり、2,110万画素の超高画質画像を生み出すが、これに対抗できるカメラがニコンにはなかった。D3Xの登場でようやく空白ポジションが埋まったということになる。

ニコンのホームページなどで見たレベルでの私の感想を述べたい。

まず、現状、高画質モデルとして最高峰のカメラであろうと思う。スポーツ系にはISO感度や連写性能でD3 のほうがマッチするであろうが、それ以外ではD3X がカバーできる。
D3 が出る前にDXレンズを揃えてきたユーザーにとっても、DXフォーマットでも1,000万画素で撮影できるので、当面間に合わせるのに便利だろう。キヤノンの場合はEF-SレンズをEOS-1D/Ds系や5D系カメラに取り付けることは出来ない。
感度がEOS-1Ds Mark III よりも1段広いところが優位点といえば優位点。また、51点でのオートフォーカスもキヤノンより優れていそうだ。
それ以外は特別目を引くものではない。

むしろ、D3/D3Xに対抗してキヤノンがEOS-1D/Ds Mark IV (仮称)をどのようなスペックで出してくるかに期待大だ。
DIGIC4 の搭載はもちろん、これによるISO感度の拡張に大いに期待する。
EOS-1Ds Mark III は各部分のスペックアップで正常進化すればそれで良いと思うが(といっても3,000万画素とかになるとデータの取り回しがしんどいが)、EOS-1D Mark III はAPS-H フォーマットという中途半端なサイズがネックではないか? 今回、D3X/D3のラインナップの完成で、早いモデルでも高画質モデルでも35mmフルサイズとAPS-Cが使えるということがユーザーの利便性として優れていることは明白。早い時期(EOS-1D)から「なるべく」大型画素で頑張ってきたキヤノンの資産(それを買ってきたユーザー層を含めて)が逆に足を引っ張っているといえよう。
個人的な期待としては、EOS-1D Mark IV では現在の連写性能を維持しながらフルサイズとAPS-Hフォーマットに対応できるようになると旧ユーザーにも納得できる。もちろん、EF-Sレンズがつくようになれば本当に面白いが、それは不可能であろう。
いっそのこと、「EOS-1Di」という名称で噂されている、APS-Cフォーマットで8.2メガピクセルながら秒22コマ撮影できるようなカメラが発売されたほうがもっと面白いかも。

D3Xに戻ると、外観上はD3と変わらないとのことなので、D3ユーザーが見栄を張ってD3X用ストラップを着けてボディロゴもD3Xするようなことが横行しないかな?(笑) でも、シャッター音が違うとすぐにわかるからなぁ。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ