『デジタルカメラマガジン』2013年01月号

デジタルカメラマガジン 2013年1月号デジタルカメラマガジン 2013年1月号
(2012/12/19)
不明

商品詳細を見る


『デジタルカメラマガジン』2013年01月号


特別付録『でっかいカレンダー』
各誌の付録の多くは見開き1ヶ月のものが多い中、本誌の付録は写真部分が折り畳まれていて、飾るときは2倍に。つまり全部縦位置写真ばかりのちょっと珍しいタイプ。12名のプロによる競作になっており、使用カメラもキヤノン、ニコンが多いものの、オリンパス、ペンタックス、リコー、ソニー、ハッセルブラッドなど様々。某誌のカメラメーカーおかかえの広告のようなカレンダーとは違いマス(笑)。


第1特集「夜に撮る写真」
基本的に風景はスルーなのだけれど、魚住誠一氏による夜間ポートレートの作例/解説もあり。


第2特集「年末年始恒例 横断インタビューで見えた デジタルカメラ9メーカー2013年 進化の選択」
今回、本誌を購入した決め手がこの記事。『CAPA』も新製品予測をしていたが、どういう情報を元にしたかがわからないので信憑性も??? 一方、本企画は田中希美男氏が各メーカーの社長あるいは部長クラスに直接インタビューした内容を記事にしているので、読んでいて面白い。
特に異彩を放っていたのがカシオの中山仁QV事業部長。カシオはコンパクトデジカメしか発売していないが、交換レンズシステムについて否定的。そもそもシャッターを押す行為自体がナンセンスと言い放っている。コレに反発する向きも多いとは思うが、このようなメーカーがQV-10や秒60コマのEX-F1といったユニークかつ画期的なカメラを開発してきたわけだから、ワタシ的には今後に期待したい。


「続々ダカフェ日記」
作者の森友治氏は本来グラフィックデザイナーなのだけれど、家族中心のスナップはピンボケっぽいものもあるけれど、何か惹かれてしまう。そして、写真を引き立てているのがタイトルというか、一言コメント。写真とコメントの相乗効果が素晴らしい。写真のタイトルで1冊の本を出した某氏のタイトルの付け方よりも、よっぽどセンスがあると思った次第。


「多画素時代のレンズガチンコ対決 ニコン AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G vs AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G」
ワタシはニコンユーザーではないので基本的にスルーなのだけれど、ほんの半絞りの差で実売10万円近く違う2本がどのような評価なのかには興味津々。
D800を使用し、解像力対決、ぼけ対決、色収差補正対決で評価。結果はf/1.4に軍配。まぁ、高いだけのことはあるというところか。f/1.8の方が評価が高ければ面白かったんだけれど(笑)。



『デジタルカメラマガジン』2013年01月号はこんなところで。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : デジタルカメラマガジン


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ