2012.12.28 バドミントン日本リーグ東京大会(最終戦)撮影後記



バドミントン日本リーグもいよいよ最終戦。前日同様、代々木第二体育館。

どういう理由か知らないが、試合開始は15時から。男女併せて8試合があり、コートが4面なので、2回回すことになる。さらに、最終戦ということで、全試合終了後に表彰式もある。いったい何時に終わるのか?

ワタシ自身は開場時間の12時半ごろに到着。出展ブースの写真を撮らせてもらい、それをセレクト、修整。そこまでは快適に進んだのだが、今回、プレスルームにLANの設備が用意されていない。なので、画像をネットにアップできず。
ただ、昨年の日本リーグ最終戦に比べれば、プレスルームは全日本総合と同じ広い部屋で快適。昨年は小さい部屋で、荷物を置くことさえできず、デイパックにカメラとパソコンを入れてしょいながら撮影するハメに(泣)。それに比べれば、撮影に関係ない機材を置いて撮影できるのは有り難い。さらに夜には弁当も!

さて、試合の撮影。会場はアリーナに4コートを一列に敷き詰め、報道エリアはかなり限られているところにテレビカメラも増える。前日はアリーナで撮影したけれど、取材陣が増えることを予想し、あえて2階席からの撮影を選択。
選手のプレーはもちろん、チームの応援風景、観客席の応援団など、撮りどころはたくさんある。
依頼主からは、いろいろと撮影すべきポイントを指示されたが、かなり後半にわたっていた。

機材の基本はキヤノン EOS-1 X + シグマ APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM+ APO Tele Converter 2X EX DG。これで選手のプレーや応援席を遠目から撮影。応援席を近場から撮影する場合はタムロン SP 24-70mm f/2.8 Di VC USD。

正直なところ、撮影のポイントが多すぎて、(それなりに依頼内容に大体応えられたとは思うが)自分的には上手く撮りきることができなかった。

男子優勝のトナミ運輸はこの日の団体戦で負けてしまったため、単独首位とはならず、マッチ率での優勝となった。このため、期待していた胴上げは試合終了直後には行なわれず、肩すかしを食らった。

一方、女子優勝のルネサスは創部27年目にしての初優勝。全勝優勝で文句なし。最終戦では第1ダブルス勝利、シングルス敗退のあと、第2ダブルスで勝利の瞬間、ベンチのチームメイトがネット下をくぐって垣岩/福島選手に駆け寄った。こういうところが団体戦のいいところ。もちろん撮影。

なお、この試合で団体戦最後となるパナソニックは、前日の団体戦で1−2で負けてしまったため、優勝の可能性はゼロに。最終日の第1ダブルスは松尾/内藤が勝利、シングルス今別府が敗退、第2ダブルス與猶/福万が敗退で、4勝3敗という結果に。試合後、応援団に対して整列して挨拶するとき、多くの選手が涙ぐんでいた。

そんなこんなで結局、21時ごろに全試合終了。表彰式は21時20分から。一通りの表彰が終わって閉会。その後は各チームごとに記念撮影。全部のチームを撮れないので、今回は優勝チームのトナミ運輸、ルネサス、それと休部の決まったパナソニックを撮影。バドミントンの撮影でこんなに遅くなったのは初めて。

さらにその後はプレスルームで記者会見。トナミ運輸、パナソニック、ルネサスの順序で行なわれた。パナソニックの会見では、監督、主将の廣瀬、最終戦の出場選手(松尾/内藤、今別府、與猶/福万)が列席。多くの選手が涙ぐみながら会見。特に福万選手は子供の頃からサンヨーの地元で育ってきただけに休部に対する思いは強かったのではないか。

その後、とりあえず記念撮影の画像をピックアップして依頼主に渡し、プレスルームを出た。23時。ホテルに戻ってからプレー写真のピックアップ・・・(泣)。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : バドミントン 日本リーグ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ