「シグマ、中望遠75mm相当F2.8レンズ搭載の「DP3 Merrill」」について



シグマねた、第3弾!(爆)。

ネットのウワサで「DP3 Merrill」を見たときは、フェイクでは?と思ったのだけれど、ホントの話だった(笑)。

デジカメWatchの記事:シグマ、中望遠75mm相当F2.8レンズ搭載の「DP3 Merrill」

シグマ DP3 Merrill のサイト:SIGMA DP3 Merrill ― The SIGMA DP3 Merrill Generation

簡単に言えば、DP1 MerrillDP2 Merrill タイプのボディに中望遠レンズ(50mm F2.8/35mm判換算75mm)を装着したレンズ固定式コンパクトデジタルカメラ。1:3(22.6cm)までのマクロ撮影もできるようだ。価格はオープンプライス。

28mm相当のDP1 Merrill、45mm相当のDP2 Merrill はスナップ用として理解できるが、75mm相当レンズとなると、用途としては限られてくるように思う。もちろん、ポートレートやテーブルフォト、花のクローズアップなどにはいいだろう。顔認識AFも新たに搭載しているので、ポートレートには特に便利だろう。

レンズによって3つのボディを用意するというのは、6x6判カメラ/ローライフレックスを思い出す。ローライフレックスは標準的なモデルのほかに、ワイドアングル・ローライフレックステレ・ローライフレックスを用意していた。
ワタシ自身、あまり詳しくないので、詳細は下記のリンクをご参照クダサイ。

マップカメラ情報:【1号店地下1階】 ローライフレックス、ワイド・テレ揃ってます!


シグマのDPシリーズを買うようなユーザーは低価格コンパクトや高倍率ズームコンパクトを使うようなユーザー(あるいは用途)とは一線を画している。簡単に言えば画質を追求するマニアだろう。
そのようなマニアの中には、シグマが提案する、DP1 Merrill、DP2 Merrill、そしてDP3 Merrill の3台持ちをするヒトはいるだろうけれど、それぞれレンズ部分が飛び出ているのでバッグへの収納時にかさばることが難点か。

なればこそ、ボディとレンズを分離して、シグマ初のミラーレスシステムを世に問うてもいいように思う。レンズもある、ボディもある、センサーもあるのだから、あとはマウントを決めるだけ(笑)。
手っ取り早いのはすでにシグマがDPレンズを発売しているソニーEマウントだけれど、フランジバックは18mm。フジのXマウントは17.7mmということなので、それよりもっと短いフランジバックの新マウントを採用し、各社マウントアダプターの使用を前提とした設計とする。とすれば、大抵のレンズを使用することができる。シグマだからAFや自動絞りなどは完全連動で!

以前にも書いたけど、あらゆるメーカーのレンズが完全連動で使用できるフォビオンセンサーのカメラなら、売れると思うんだけれど、どうなんですかね?


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : シグマ DP3


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ