『アサヒカメラ』2013年02月号

アサヒカメラ 2013年 02月号 [雑誌]アサヒカメラ 2013年 02月号 [雑誌]
(2013/01/19)
不明

商品詳細を見る


今月号のカメラ雑誌の各誌はCESで発表された新製品情報主体というカンジだが、まずは『アサヒカメラ』2013年02月号


ワタシが一番興味を持った記事が「いまだからM型ライカ」
ワタシ自身、ライカのカメラは1台も持っていないので(Panasonic TZ7のレンズが DC バリオ・エルマーだといっても、誰からもライカユーザーとは認めてもらえないでしょうな! 爆)、基礎的なお勉強として興味深く読んだ。
たぶん、ライカマニアの方が読むと物足りない部分もあるのだろうけれど、ワタシレベルだと十分な内容。
ツァイスのレンズは光学系をベースにレンズ名称が決められているのに対し、ライカの場合はF値で決められているのが面白い。F4前後:エルマー、F2.8:エルマリート、F2:ズミクロン、F1.4:ズミルックス、F1.2以上:ノクティルックス。なるほどね。それ以外の名称のレンズもあるけれど。そのあたりを記事では紹介。

中盤では、赤城耕一氏がこれから購入する人のためにオススメセットを紹介。松コースのM4(ブラッククローム)+ズミクロンM35mm F2 の36万7,500円(中古価格)から梅コースのM5+エルマー50mm F2.8 の 13万500円まで。
でも、ライカの沼にはまると絶対抜け出せないだろうなぁ〜。うかつに手を出せマセン(笑)。

後半では、デジタルライカMについての解説。こちらのほうがより興味が沸くけれど、ちょっと手が出ない(笑)。また、実物を持った感じがイメージしていたより重くてアレ?という感じでガッカリ。M8は赤外カットフィルターがらみの色カブリに注意とのこと。


「デジタル一眼 動画撮影入門」
いまやどんなデジカメでもたいてい動画機能は内蔵されているから、こういう企画はアリだと思うのだけれど、「本格的な動画撮影でほしくなるアクセサリー」として34万円超のアクセサリーを紹介しているあたり、ちょっと本格的すぎないか?(笑)。


「カメラ開発トップに聞く! ニコン 映像カンパニー開発部長 山本哲也さん」
山本氏は1982年入社。前年にソニーがマビカを発表。電子スチルカメラの開発部署に配属。その後、フィルムスキャナーも担当。ほかに1988年のレンズ交換式電子カメラQV-1000C、1999年のD1、2005年の無線LAN搭載コンパクトデジカメ COOLPIX P1など。デジタル化の波のなか、各社色々な製品を開発していた時代で面白い。なかなか興味深いインタビュー記事。
なお、ニコンのレンズ交換式デジタルカメラの年表も掲載されているが、1995年のE2は130万画素で100万円!!! 今から考えるとビックリするような値段ですなぁ(笑)。


「アクリル板にプリントする写真の新しい見せ方」
アクリル板に直接プリントする株式会社スズキの「フォトナ」というサービスの紹介。紫外線に反応するインクを使ったUVプリントが特徴で、低コスト、高品質、長持ちが特長だそうで。



『アサヒカメラ』2013年02月号はこんなところで。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : アサヒカメラ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ