2013.04.03 OSAKA インターナショナルチャレンジ バドミントン選手権大会



『OSAKA インターナショナルチャレンジ バドミントン選手権大会』が始まった。
この大会を撮影するのは2回目。2010年にも撮影している。前回はプレスとしてではなかったので、観客席からヨンニッパ(+テレコン)で撮影していたが、今回はプレスとしてアリーナで撮影できるので、24-70mmと70-200mmが中心となる。

過去のエントリー:守口市民体育館でのバドミントン撮影について


本当は会場の土地に前日入りして備えたいところだが、当日、朝4時起きで3時間かけて現地入り。

いつもはネットで組み合わせ表などを見つけてプリントアウトして備えるのだが、今回は当日まで組み合わせ表がアップされておらず、準備ができなかった。

で、会場の守口市民体育館のプレスルームで組み合わせ表とタイムテーブルをいただいたのだが、棄権選手が多くて3日の試合はたった18組だけとわかり拍子抜け。夕方まで試合が行なわれると思っていたが、14時には終わるスケジュール。

とはいえ、会場はコートが6面で、一斉に試合が始まる。予選では力量差のある選手の組み合わせが多く、あっという間に試合が終わるケースがあり、全員撮ろうとすると、かなり効率よく撮影しないと撮り漏らしが出てしまうので緊張する。仮に30分で試合が終わるとして、6試合12人を撮るには1人を撮影できる時間は2分半。もっと早く終わるケースも想定すると、1分半から2分というところか。

機材は16-35mm、120-300mm、テレコンなども持ち込んでいるが、3日に使用したのは キヤノン EOS-1D X に24-70mmと70-200mmのみ。特定の選手を撮るだけなら色々とアングルやレンズで撮りたいところだが、とにかく選手全員を撮るとなると、少ない機材で撮りまくることになる。そうすると『バドマガ』的写真のオンパレード!(笑)。

撮影後はプレスルームでデータをハードディスクにコピーし、ホテルのチェックインできる時間を待って、会場近くのホテルで後作業。


SMASH & NET.TVの記事:2013年04月03日【大阪国際2013】第1日目(予選) 各国のホープが大阪に集結!

Facebookの記事:
【大阪国際2013】会場風景(4月3日)
【大阪国際2013】第1日目(予選)PLAYERS



スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : バドミントン 大阪 インターナショナルチャレンジ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ