ソニーのカセットテープ

DATE: 01/19/2009 20:38:30(他ブログからの引っ越しです)

ソニーのカセットテープ



ただいま、古い荷物をバッサバッサと捨てているところである。

MDやカセットテープは全て廃棄処分。中学3年生の頃のテープなどもあり、捨てるのは惜しい気もするのだが、再生機も一切捨ててしまったので、再生しようがない。
そんなところで、私の住む自治体では、カセットテープは燃えるゴミ、カセットのケースは燃えないゴミとして分別しなければならないので、それぞれを分別して段ボールにポイポイ捨てている。そんな中でひときわ重量感のあるカセットを2本見つけた。

SONYのMetal MasterとUX Master。それぞれ通常プラスチックが使われている本体(?)部分がセラミックで成形されており、誤録音防止ツメはプラスチック片がはめ込まれている。
そのボディはあまりにも完成されていて、曲名などを記入して貼るラベルをも寄せ付けない風情で(笑)、この2本には何も貼っていない。

記憶はもうないが、普通のカセットテープの2倍ぐらいの値段がしたと思う。私はあまり音にウルサクないので、一番安いテープで全く問題なかったのであるが、試しに買った2本。私には珍しく、洋楽を録音したのだが、ほとんど再生せずに終わってしまった(笑)。

これらよりも以前に、TDKから『MA-R』というモデルがあり(名前の由来は”Metal Alloy - Reference” だったと思う)、本体中心部分にスチールを使ってその上下に透明プラスチックを使用した、当時唯一とも言えるパッケージのカセットがあり、私が中学生当時のあこがれのカセットテープだった。これも1個だけ買った記憶があるが、それは残念ながら見つからなかった。

それにしても、比較的低価格な消耗品の中で、このようにクオリティを追求した製品は、最近はなかなかお目にかかれない。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

もう捨てたのかな?
もったいない!!
たぶん80年代後半のテープですよね。
これは現代にも通用するデザインですわ〜
テープの残量(?)がちらっとしか見えてないところなんかたまらんです。
当時のsonyのブランド力は最強でした。

Re: No title

コメントありがとうございます。
記事にも書いているようにワタシ自身は TDK の MA-R のほうが好きだったのですが(笑)、ソニーのこれらもなかなかの存在感。なにしろセラミック製ですからね(もう捨てちゃいましたけど)。

それにしても、ソニーファンって面白いですね。なんでもかんでもソニーで揃えようとしますから(笑)。ワタシは残念ながら、ソニーに対して特別な感情はアリマセン(笑)。
プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ