「パナソニックが LUMIX G6/14-140mm F3.5-5.6 を海外発表」(4月24日)について




GW前のニュースだけれど、取り上げたい。
パナソニックが LUMIX DMC-G6、LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S. を海外発表した(発売時期・価格、国内販売は未定)。

デジカメWatchの記事
パナソニック、EVFミラーレス「LUMIX DMC-G6」を海外発表
パナソニック、小型軽量化した高倍率ズームレンズ「LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6」を海外発表

LUMIX DMC-G6 については、G5のような丸みを帯びた女性向けのデザインではなく、GH3 と似たテイストの男性的なデザイン。
主立った特長は・・・
● Wi-FiおよびWi-Fiの設定を簡単に行なえるというNFC通信に対応
● 拡張時の最高感度がDMC-G5のISO12800からISO25600に向上
● 連写速度は約7コマ/秒(メカシャッター時)
といったところか。ワタシ自身、似たような GH2 を所有しているが、高感度画質が不満なので、ストロボを使用できない室内撮影ではほとんど使わない。もし ISO6400あたりの画質が納得できるレベルなら、買い替えを考えてみたい(動画にこだわった GH3 はワタシにとってオーバースペックなので)。

また、同時発表された LUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S. だが、似たようなスペックの LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4-5.8 ASPH. MEGA O.I.S. を持っているのだが、約460gとやや重く、ボディの軽い GH2 との組み合わせではレンズヘビーな状態で、あまり使わないのが現状。今回の新製品は同じ焦点距離で望遠側の開放F値も少し明るくなっているにもかかわらず、約200gも軽量化している。
さらに、「LUMIX DMC-GH3」および同時発表の「LUMIX DMC-G6」ではセンサー240fps読み出しによる高速AFを利用可能。手ブレ補正機構は従来のMEGA O.I.S.比で2倍以上らしい。
こちらはよほど画質がよくないとか、価格がバカ高いなんてことがなければ買い替えを検討たいところ。

いずれにしても、国内販売が決まったら、実物を手にとって、高感度画質をチェックして(もちろん価格もチェックして)検討したい。



スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : パナソニック LUMIX G6


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ